器用裕福

理系大学生によるガンプラ制作記中心の雑記ブログ

器用裕福

経験から学んだガンプラの合わせ目へのアプローチ法とキット選びについて

f:id:jtle9110:20191020205536p:plain

こんにちは!!

今回はいつもと違うスタイルで、

ガンプラに対する個人的な考え」を吐き出していこうかなと思います。


いつもは制作記や、塗装のやり方 などを記事にしていますが、

現在、私生活が忙しく、ガンプラ制作が滞りつつある(笑)ため、

このような形をとりました。


さて、今回のテーマは、僕がガンプラを始めてからずっと悩んできた「合わせ目消し」についての考えを話していこうかなと思います。


ガンプラの合わせ目へのアプローチの仕方 から、

僕のように 合わせ目が苦手な人に向けた解決方法 などを書いていこうと思います。


あくまでも僕の経験からの意見なので、正解というわけではありません、

僕の意見を、個々の意見に取り入れるような形で読んでいただくのが一番良いと思います笑


合わせ目へのアプローチの種類について

まず、合わせ目をどう対処するかについて、僕の知る限りの情報を紹介しますね。

①合わせ目消し

1つ目は、いわゆる「合わせ目消し」という作業をするものです。


合わせ目にセメントを塗って、固まったら、はみ出た部分をヤスリで削るというものですね。


セメントにも 大きく2種類 あって、

このような、塗るタイプの普通の「セメント」と、

タミヤセメント 角びん 模型用接着剤

タミヤセメント 角びん 模型用接着剤


合わせ目の隙間に流し込む「流し込みタイプのセメント」です。


僕は、特に 流し込みタイプのセメントを使った合わせ目消しが大の苦手 なので、

一生やらないと決めています笑



この記事では、あくまでも「合わせ目へのアプローチ法」について語っていくので、

これ以上詳しい方法は書きませんね。



また、合わせ目消しというものは、「塗装の有無」によっても難易度が大きく変わってきます。

無塗装で仕上げたい場合は、どんなに表面が綺麗で、平らになったとしても、

薄っすらと合わせ目の跡は見えてしまうものです。


なので、無塗装で合わせ目消しを完璧に行うことは、ほぼ不可能 と断言してもいいと思っています。



逆に、塗装ができる環境にある場合は、合わせ目を失敗したとしても、

パテを盛ればどうにかなる場合が多いので、合わせ目消しを普通に行うのが良いと思っています。


なので、塗装ができる方に関しては、安いキットでの合わせ目消しの練習をオススメ します笑


ちなみに、僕の合わせ目消し練習用オススメキットは、こちらの「HGUCジム」。

ガンプラ HGUC 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム) 色分け済みプラモデル

ガンプラ HGUC 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム) 色分け済みプラモデル

僕自身もこのキットで、練習してきました。



繰り返しになりますが、塗装ができる人は、

パテやサフを吹いちゃえば、多少の失敗はどうにでもなるので、

ある程度上手くなるまで練習あるのみです!!


②段落ちモールド化

2つ目は、合わせ目の部分を「段落ちモールド」にするというもの。


デザインナイフや ダンモ といった便利な工具を使って、段落ちモールドを作ってしまうという加工法です。

BMCダンモ 0.5 / 0.8 BMD010 / スジボリ堂 / 工具素材

BMCダンモ 0.5 / 0.8 BMD010 / スジボリ堂 / 工具素材


僕は、一度もこの方法を試したことがないので、詳しいことは書けませんが。。。笑(ごめんなさい)


合わせ目を消さずに ディテールとして利用する のは、モデラ―らしいと言っちゃらしい方法ですね笑


ただし、素人が下手にやると、違和感が出てしまいそうな気もして、手が出せていません笑



いつか、挑戦してみたいと思います。いつか。


③合わせ目を隠す

3つ目は、合わせ目を消すのではなく、「隠す」というもの。


どういうことかと言いますと、

プラバンなどを良い感じに加工して、それらを合わせ目の上に貼って隠す。

そして、その上から塗装をすると。


この方法に関しては、白いプラバンを貼り付けるだけなので、塗装が必須の方法になります。


合わせ目を隠しつつ、ディテールアップを図れるという、これまたモデラ―らしい方法ですね。



ただし、僕みたいな初心者には、プラバンを良い感じに加工すること自体が難しい ため、

この方法も、知識としては蓄えてありますが、試したことはありません笑(情けない)



この記事は、おそらく読者のほとんどの方が初心者だと思いますので、

このような初心者泣かせの方法はオススメしませんよ!!


さすが、初心者による初心者のためのガンプラブログを目指しているだけありますね笑(自画自賛)


④そもそも合わせ目を気にしない

4つ目は、思い切って合わせ目を気にせず、消さないというもの。

これはこれで、全然アリだと思っています。


さらに、ちょっとしたパーツ同士の段差を消してやるだけでも、

目立たなくすることは十分できますからね。


一番くじのガンダムヘッドを作った時は、そうやって誤魔化しましたから笑

www.kiyo-yufuku.com



合わせ目消しで失敗して、表面が汚くなるよりは、

セメントなど使わずに堂々としていた方が、よっぽど綺麗で違和感はないですしね笑


無塗装で制作するのであれば、僕はこれを一番推しておりますよ!!


ガンプラやプラモデルなんて自己満の世界なので、自分さえ気にしなければ、それでいいじゃないですか笑


最終的な僕の答え

それでも、完璧主義気味 の僕にとっては、合わせ目はどうも気になってしまうもの。。。


ガンプラを始めて2年が経ちましたが、

合わせ目問題に関しては、一番真剣に向き合ってきました。(大げさ)



実は最近、自分にとっての ある答え にたどり着きつつあるんですよね。


なので、最後に、僕が採用しているアプローチ法 について紹介しますね。



まず基本的な考えとしては、合わせ目消しを極力しない というスタンスです。


ですが、どうしても合わせ目があると気になってしまいます。

それじゃあ、どうするか?


合わせ目がないキットを選べばいいじゃないか!!笑


合わせ目がないキットを選べば、

合わせ目消しをせずに済みますし、気になることもありませんよね。


なので、最近は、キットを購入するときは、レビューで合わせ目の有無などを事前に調査 しております!!笑



とは言っても、どうしても作りたいキットに合わせ目があることもあります。

その時は、素直に合わせ目消しをして、塗装をすること に決めています。


やっぱり、無塗装での合わせ目消しでは、納得の仕上がりにならないため、塗装はするようにしています。



なので、以上の僕のアプローチ法を簡単にまとめると、


・合わせ目消しはしたくないが、合わせ目は気になる
 →合わせ目のないキットを選ぶ

・作りたいキットに合わせ目がある時
 →セメントで合わせ目消しをして、塗装する


こんな感じですかね。


なんだか、こんな単純な考えにたどり着くのに、2年もかかってしまいました笑


合わせ目をしないように逃げつつ、

いざという時のために、合わせ目消しは練習しておくと笑


なので、合わせ目消しを練習するに越したことはないということですね。。。笑




合わせ目消しに苦手意識がある皆さん!!

同士ですので、一緒に合わせ目消しを克服しましょうね!!笑


(結局練習か。。。)