器用裕福

ガンプラ制作記「1/100 ガンダムバルバトスルプスレクス」③ガンダムフレーム

f:id:jtle9110:20200415233201p:plain


しばらく間が空いてしまいました。


半年ぶりに「1/100 ガンダムバルバトスルプスレクス」制作の

続きをしていきたいと思います。(おいおい)


当初の予定では、

無塗装&ちょっとしたウェザリング

仕上げるつもりだったのですが、少しだけ変えます。



今回のバルバトス制作は、

月刊ホビージャパン2020年2月号」で掲載された

林哲平さんの「ガンプラ凄技テクニック」に倣って作りたいと思います!!


2月号のテーマは、

先日発売された「MGガンダムバルバトス」を

ちょっとした塗装とウェザリングで、週末で作ろうというもの。


今回は、このコーナーで紹介された方法と

ほとんど同じ方法で格好良く仕上げていきたいと思います!!



ホビージャパン買ってないから、イメージつかないよ」という方、



安心してください!!




実は、最近、「kindle unlimited」で

月刊ホビージャパン」が無料で読めるようになったんです!!


僕もそれを知った瞬間、無料体験を申し込んじゃいました。(笑)


30日間は、無料体験できるので、

この30日間でホビージャパンを一気に読み漁る予定です!!(せこっ)


一緒に月間ホビージャパンを一気読みしちゃいましょう!!(笑)

(※2月号だけでも目を通してから、この記事を読むことをオススメします。)


黒サフ塗装

まずは、本誌のP56に倣って、

ガンダムフレーム黒サフ を塗っていきます。


今回使うのは、こちら。

f:id:jtle9110:20200403213636j:plain

Mr.フィニッシングサーフェイサー1500 ブラック」です。


早速、先日完成した塗装ブースを使っちゃいます!!


フレーム全体を塗ったものがこちら。

f:id:jtle9110:20200403213653j:plain

f:id:jtle9110:20200403213657j:plain


自作した塗装ブースは、缶スプレー塗装に使っても、

吹き返しは全くなく、完璧な吸い込みでした!!



キメ細やかで、マットな黒色になりましたよ。

f:id:jtle9110:20200403213714j:plain

f:id:jtle9110:20200403213721j:plain

f:id:jtle9110:20200403213729j:plain


バルバトスの無骨さがより際立ったと思います。


部分塗装

続いて、本誌のP57を参考に、

部分塗装をしていきます!!

ゴールド塗装

まずは、ゴールドで塗装。


f:id:jtle9110:20200406183205j:plain

後で修正がしやすいように、

エナメル塗料の「ゴールドリーフ」を使います。


このように、塗ってみたのですが、、、

f:id:jtle9110:20200408170153j:plain

圧倒的塗りムラ!!(笑)


とりあえず、「乾燥→重ね塗り」を繰り返すしかないですね。



そして、今回ゴールドに塗ったパーツがこちら。

f:id:jtle9110:20200406183222j:plain


個人的にゴールドだったら、

格好良いなぁ」と思ったパーツを選んでみました。



順番は前後してしまいますが、

シルバー塗装後に、

結局、追加で2回の重ね塗りをすることに。

f:id:jtle9110:20200408170216j:plain


先ほどよりも、

綺麗になりましたかね。


やっぱりメタリックの筆塗りは難しいなぁ。



はみ出した部分は、後でまとめて修正します。

シルバー塗装

続いてシルバーで筆塗り。

f:id:jtle9110:20200406183139j:plain

こちらの「クロームシルバー」を使っていきます。


こちらのシルバーは、先ほどのゴールドに比べて、

非常に塗りムラが出にくく、

1発で綺麗に塗ることが出来ました!!

f:id:jtle9110:20200406183234j:plain


メタリックの種類によっても、

塗りやすさに違いがあるんですねぇ。

イエロー塗装

最後に、バルバトスルプスレクスの特徴でもある「」を

ガンダムマーカー イエロー」で塗っていきます。

f:id:jtle9110:20200411133438j:plain


こちらも2回の重ね塗りで、

このような仕上がりに。

f:id:jtle9110:20200411133445j:plain


黒サフの上から塗ったのにも関わらず、

なかなかの発色で、綺麗!!

はみ出し部分の修正

最後に、これまでの筆塗りで、

はみ出してしまった部分を修正していきます。

f:id:jtle9110:20200411133726p:plain

使うのは、こちらの「フラットブラック」。


単純に、はみ出した部分の上からブラックを塗るだけ。

f:id:jtle9110:20200411133752p:plain

上手いこと綺麗に修正できました!!


この作業をすべてのパーツにやっていくので、

まぁまぁ、面倒な工程です。(笑)


同じく、イエローのパーツにも。

f:id:jtle9110:20200411133454p:plain


つや消しのブラックなので、

乾燥すれば黒サフと馴染みます。

部分塗装完了!!

ということで、

すべての部分塗装を完了させました!!

f:id:jtle9110:20200411134245j:plain

f:id:jtle9110:20200411134252j:plain

f:id:jtle9110:20200411134259j:plain


これまでに筆塗りをすることは

あまり無かったので、勉強になりました。


とにかく、感じたことを下にまとめておきます。

筆塗りのポイント
・メタリック塗料を筆塗りするのは難しい
 →オススメしない

・塗りムラは重ね塗りを繰り返すことである程度無くなる

・メタリック塗料のはみ出しは、溶剤で消すよりも、上から塗っちゃったほうが早そう

ドライブラシ

それでは、ガンダムフレーム制作の

最後の作業である「ドライブラシ」に移ります。

f:id:jtle9110:20200411134519j:plain


同じく本誌のP57を参考にやってみます!!

(人生で2回目のドライブラシです。)


先ほど、使用した「クロームシルバー」を筆にとって、

ティッシュやキムタオルで拭き取ります。

f:id:jtle9110:20200411134525j:plain


ギリギリ色が付くぐらいまで拭き取っちゃいます。


この判断が意外と難しいんですよね。


慣れていない方は、

自分が思っている倍以上拭き取った方がいいかも。


そして、実際に挑戦してみました。

f:id:jtle9110:20200411134533j:plain

こんな感じの仕上がりに。


写真ではわかりませんが、

塗料が結構付いちゃった部分もあるので、

まだまだ練習が必要ですね。



とりあえず、こんな感じで、

他のパーツもドライブラシしていきました。

f:id:jtle9110:20200411134541j:plain

f:id:jtle9110:20200411134547j:plain


もう少し大袈裟にやっても良かったのですが、

初心者がやりすぎると大変なことになる可能性があるので。(笑)


自然な剥げ表現をするのは、経験と観察力が必要だと感じました。


ドライブラシのポイント
・塗料は思っているよりも拭き取った方が良い

・強く擦り付け過ぎない

・少しずつ仕上がりを見ながらやること

・上手くなるには繰り返しやって、慣れるしかない!!



ということで、今回の作業はこれで終了です!!


今回の作業内容は、

月刊ホビージャパン」の2月号を参考にしたものです。



これを機に、皆さんも、

kindle unlimited」の無料体験期間中に

ホビージャパン」で紹介されている技術を吸収しちゃいましょう!!