器用裕福

ガンプラ制作記「1/100 ガンダムバルバトスルプスレクス」④ウェザリング

f:id:jtle9110:20200415231045p:plain


お知らせ
↓ 現在はこちらのページでガンプラ記事を投稿しています。 ↓
note.com



前回は、半年ぶりに制作を再開しまして、

ガンダムフレーム を塗装していきました。

f:id:jtle9110:20200411135046j:plain


からの、ドライブラシ で仕上げ。

f:id:jtle9110:20200411134533j:plain


これらの作業内容は、

月刊ホビージャパン2020年2月号」で掲載された

林哲平さんの「ガンプラ凄技テクニック」に倣ったものです。



kindle unlimited」では、最近、

月刊ホビージャパン」が読み放題になったので、

まだ未加入の方は、無料体験してみることをオススメします!!



無料期間中に

すべてのホビージャパンを読み漁っちゃいましょう!!(笑)


ちなみに、今回も「ホビージャパン2月号」の内容を参考に

引き続き作業を進めていきます!!


なので、本誌と一緒にこの記事を読むことをオススメします!!


つや消しトップコート

まずは、前回仕上げたガンダムフレームに

外装パーツを取り付けました。

f:id:jtle9110:20200415144246j:plain



そして、この後に行う「ウォッシング」が馴染むように、

つや消しクリアーでコートしていきます。

f:id:jtle9110:20200415144239j:plain


今回使うトップコートはこちら。

Mr.スーパークリアー つや消し スプレー


以前スプレー塗装をしていた時に購入したものが

ずっとストックしてあったので、消費していきます。


f:id:jtle9110:20200415164059j:plain

つや消しスプレーは久々に使いましたが、

無事、表面のつやを消すことができました!!


なんだか、初心に返った感じ。


ウォッシング

いよいよ、「ウェザリング」の工程に入ります。


最初に行うのは、「ウォッシング」です。

ウォッシングとは
「ウォッシング」

→ 薄めた塗料をパーツ全体に対して洗うように塗る技法


この作業をすることで、

経年劣化したような装甲を表現することができます!!



そして、実際に使用するものはこちら。

f:id:jtle9110:20200415151140j:plain


Mr.ウェザリングカラー グランドブラウン


実は、「ウェザリングカラー」シリーズは初めて使うので、

どんな仕上がりになるのか楽しみです。



それでは、本誌のP58に倣って、

ウェザリングカラーを専用うすめ液で希釈します。

f:id:jtle9110:20200415151146j:plain


塗った後に、うすめ液を使って拭き取り作業もするので、

希釈具合に関しては、テキトーです。(笑)



とりあえず、塗ってみることに。

f:id:jtle9110:20200415151152j:plain


白かったパーツが、真っ茶色に!!


うーん、白いパーツに対しては、

ちと濃すぎたようですね。。。



でも、大丈夫です!!



綿棒にうすめ液をしみこませて、

拭き取っていけば、このように自然な感じに。

f:id:jtle9110:20200415151159j:plain


理想の汚れ具合!!


初めて使ってみましたが、

ウェザリングカラー」リピート確定!!


めちゃめちゃ扱いやすくて、

失敗する気配を全く感じませんでした。



ということで、同じ要領で、

すべてのパーツをウォッシングしました。

f:id:jtle9110:20200415151207j:plain

f:id:jtle9110:20200415151216j:plain

f:id:jtle9110:20200415151223j:plain


初めてでも、これほどの経年劣化表現が!!


ウェザリングカラー恐るべし!!


チッピング

続いて、スポンジを用いた「チッピング」をしていきます。


チッピングとは
「チッピング」

→ 装甲の塗装剥げを表現する技法


使うものはこちら。

f:id:jtle9110:20200415151048j:plain


前回使用した エナメル塗料2種

100均で購入した スポンジ です。


本誌では、これとは違う色のアクリル塗料が使用されていましたが、

なるべく使う塗料の種類を少なくするために再び登場。




この2色を1:1くらいで混ぜて、

ちぎったスポンジで塗料を付着させていきます。

f:id:jtle9110:20200415151057j:plain


この時、前回のドライブラシ同様、

ティッシュなどで、よく拭き取っていきます。


ここら辺の拭き取り具合は、

ドライブラシの時と同じ感覚でOKだと思います。


エッジ部分にのみ、塗料が付着するように、

僕は ピンセット を使ってポンポンする派。


この方法でやれば、失敗しにくいので、

僕を含める初心者さんには結構オススメ!!



ということで、仕上がりはこんな感じ。

f:id:jtle9110:20200415151103j:plain


程よい「塗装剥げ」を表現することができました!!


これも自然な剥げを再現するのは、

慣れが必要かもしれませんね。



ということで、これにて全作業の終了です!!


今回の作業内容も、前回同様、

月刊ホビージャパン」の2月号を参考にしたものです。



これを機に、皆さんも、

kindle unlimited」の無料体験期間中に

ホビージャパン」で紹介されている技術を吸収しちゃいましょう!!



ということで、次回は、無塗装&ウェザリング で仕上げた

1/100 ガンダムバルバトスルプスレクス」の

お披露目 兼 ギャラリー記事」となります!!


お楽しみにー!!


お知らせ
↓ 現在はこちらのページでガンプラ記事を投稿しています。 ↓
note.com