器用裕福

ガンプラ制作記「HGUCザクⅠ」③迷彩塗装

f:id:jtle9110:20200426100956p:plain


お知らせ
↓ 現在はこちらのページでガンプラ記事を投稿しています。 ↓
note.com



長らく「HGUCザクⅠ」の制作記が滞りました。(笑)


前回は、たしか、

合わせ目消しの苦行 に耐えながら、

すべてのパーツの サフ塗装 まで済ませたんですね。

f:id:jtle9110:20200426095819j:plain


グレーサフのままでも十分クールなのですが、

今回は、初めての「迷彩塗装」に挑戦しようと思います。


ということで、2か月ぶりの制作記スタートです。


ダークイエロー塗装

さっそく「迷彩塗装」をしていくのですが、

初めてやるにあたって、手順 を調べてきました。

迷彩塗装の手順
1.暗めのイエローを全体に塗装
2.暗めのグリーンで迷彩模様を描く
3.ブラウンで迷彩塗装を描く

ちなみに、2と3は順序が逆のケースもあったのですが、

色味の薄い グリーンの方から 塗装したほうが良いのかなと思います。


迷彩の模様 に関しては、

エアブラシで 細吹き して、描いていきます。


先日、こちらのエアブラシを購入したばかりなので、

細吹きが上手く行くかドキドキです。

f:id:jtle9110:20200420192318j:plain


今回用意したのは、こちらの塗料です。

f:id:jtle9110:20200426095631j:plain


ガイアノーツ から発売されている

ミリタリーシリーズ3種 です。


これらの塗料が最適かは、わかりませんが、

何となくガイアの塗料で揃えたかったので。(笑)



それでは、手順の通り、

まずは、ダークイエロー をパーツ全体に塗装していきました。


グレーサフの状態だったパーツたちが、

f:id:jtle9110:20200426095833j:plain


このような色味に変身しました!!

f:id:jtle9110:20200426095720j:plain


下の「ネコの爪とぎ」を加工した

塗装ステーション」の色と同化しちゃって、

分かりにくいですね。(笑)


オリーブグリーン塗装

続いて、オリーブグリーン の細吹きで、

迷彩模様 を描いていきます!!

f:id:jtle9110:20200426095920j:plain


初めての「細吹き」に挑戦するため、

上手く行くかわかりませんが、とにかく、

  • 希釈薄め
  • 圧弱め
  • ニードルの引き具合弱め


これらを意識しながら吹いてみます。



その結果がこちら。

f:id:jtle9110:20200426095926p:plain

f:id:jtle9110:20200426095944p:plain


どうなんでしょう。


なんだか、グリーンの発色が微妙で、

ものすごくぼやけた印象に。


クッキリとした細吹きは出来ませんでしたが、

これはこれで味のある仕上がりになったのかも。


今回、迷彩塗装をする部位は、

こちらの 5つ に絞りました。


機体全体に迷彩塗装をすると、

うるさい印象になる気がしたので。


それ以外のパーツは、イエローのままです。


レッドブラウン塗装

最終手順である「ブラウン塗装」に移ります。

f:id:jtle9110:20200426100033j:plain


先ほどの反省を活かすべく、

細吹きの練習から。

f:id:jtle9110:20200426100039j:plain

このように、ティッシュに試し吹きしてみました。


先ほどよりも、塗料を薄めて、よわーく吹いてみました。


自分が思っている以上に薄めちゃっても平気だったみたい。


イージーペインター を使っていた頃は、

希釈が「1:1」で済んでいたため、

感覚を掴むまで大変そうですね。



この調子で模様を描いてみた結果がこちら!!

f:id:jtle9110:20200426100124j:plain

f:id:jtle9110:20200426100129j:plain


茶色が入ったことで、

かなり迷彩らしくなりましたね!!


個人的には、合格点 なので、

今回は、これにて終了!!


次回は、残りのパーツの塗装 と、

ちょっとした ウェザリング で完成を目指していきます!!

f:id:jtle9110:20200426100132j:plain


お知らせ
↓ 現在はこちらのページでガンプラ記事を投稿しています。 ↓
note.com