器用裕福

【作例】ガンプラ初心者がエアブラシで初めての「迷彩塗装」に挑戦!!

f:id:jtle9110:20200430134055p:plain


お知らせ
↓ 現在はこちらのページでガンプラ記事を投稿しています。 ↓
note.com



HGUCザクⅠ」を使用して、

初めての迷彩塗装に挑んだので、

その模様と完成品を記事にまとめていきます!!


迷彩塗装の方法

今回行った「迷彩塗装」は、

マスキングを使わずに、エアブラシを使って、

フリーハンドで模様を描く方法 です。


手順としては、以下の通り。

迷彩塗装の手順
1.ダークイエローを全体に塗装
2.オリーブ色で迷彩模様を描く
3.ブラウンで迷彩塗装を描く

調べるにあたって、

②と③の順序が逆のケースもあったのですが、

今回は、色味の薄い グリーンの方から 塗装することにしました。


今回、実際に使用した塗料はこれら。

f:id:jtle9110:20200426095631j:plain


ガイアノーツ から発売されている

ミリタリーシリーズ3種 です。


ちなみに、これらの塗料は、

こちらの「ドイツ戦車3色迷彩セット」の内容物なので、

セットを購入しちゃった方がオトクです!!



それでは、塗装工程に入りましょう!!


まずは、ダークイエロー

迷彩柄にしたいパーツ全体に塗装していきました。

f:id:jtle9110:20200426095720j:plain


続いて、オリーブグリーン の細吹きで、

ランダムに 雲のような模様 を描いていきます!!


f:id:jtle9110:20200426095920j:plain


「細吹き」をするためには、

  • 希釈薄め
  • 圧弱め
  • ニードルの引き具合弱め


これらを意識して、何度もトライ&エラー。


その結果がこちら。

f:id:jtle9110:20200426095926p:plain

f:id:jtle9110:20200426095944p:plain


ぼやけた模様になってしまいましたが、

これはこれで味のある仕上がりになったのかも。



最後に「ブラウン塗装」に移ります。


先ほどと同じ細吹きで、

グリーンとグリーンの間の隙間を埋めるように

模様を描いてみました。


その結果がこちら!!

f:id:jtle9110:20200426100124j:plain

f:id:jtle9110:20200426100129j:plain


茶色が入ったことで、

かなり迷彩らしくなりましたね!!


少し下地のダークイエローを残すように塗ると、

迷彩柄らしくなると思います。


f:id:jtle9110:20200426100132j:plain


今回、迷彩塗装をしたパーツは、

こちらの 5つ に絞りました。


機体全体に迷彩塗装をすると、

うるさい印象 になる気がしたので。


これもガンプラに迷彩塗装をする際の

成功のポイントでもあるかもしれません!!


「HGUCザクⅠ ver.迷彩塗装」完成品

それでは、迷彩塗装を使って仕上げた

HGUCザクⅠ」の完成品写真を紹介していきます。

f:id:jtle9110:20200501131009j:plain

f:id:jtle9110:20200501131012j:plain

f:id:jtle9110:20200501131015j:plain

f:id:jtle9110:20200501131019j:plain


初めての「迷彩塗装」の出来はどうでしょう。


本人的には、合格点 には達したと思っています。(笑)


初めてでもエアブラシさえあれば、

これくらいの「迷彩塗装」が実現します。



俯瞰からもいくつか撮ったので紹介。

f:id:jtle9110:20200430143620j:plain


f:id:jtle9110:20200430143623j:plain


f:id:jtle9110:20200430143630j:plain


Mr.ウェザリングカラーのウォッシング効果

ミリタリーっぽい雰囲気を出せたのは、

迷彩塗装もそうなのですが、

ウォッシング という汚しを入れたためでもあります。


次は、迷彩塗装をより引きだたせる

ウォッシング」について簡単に解説します。


使用するアイテムは、こちらの「Mr.ウェザリングカラー」です。

f:id:jtle9110:20200429163615j:plain


専用溶剤で薄めたウェザリングカラー

筆で大胆に塗って、

f:id:jtle9110:20200429163619j:plain


重力方向に 綿棒で拭き取っていきます。

f:id:jtle9110:20200429163623j:plain



ウォッシングの前後で比較してみましょう!!

f:id:jtle9110:20200429163627j:plain

このように全体のトーンが下がり、

スミ入れ」のような効果も得られます。



完成品を見てみると、

腕の部分や、

f:id:jtle9110:20200430143433j:plain


手の甲、関節部分、

f:id:jtle9110:20200430143430j:plain


そして、足の甲の逆エッジの部分などの各所に

f:id:jtle9110:20200430143427j:plain


スミ入れ」兼「汚し」のような効果が得られます。



この「Mr.ウェザリングカラー」を使えば、

ウォッシングスミ入れ が同時にできちゃうので、

作業効率がグッと上がります!!


まだ、試したことが無い方は、

今すぐ導入することをオススメしまーす!!


【反省点】合わせ目消し部分

今回の作品、「迷彩塗装」自体は、

自分の合格点に達しましたが、

一部、失敗した点があります。。。


それは、合わせ目の部分が

消しきれていない部分があったことです。


具体的には、これらの部分です。


前腕の部分や、

f:id:jtle9110:20200430143600p:plain


すねの部分などなど。

f:id:jtle9110:20200430143608p:plain


合わせ目消しをしてから、

約2か月ほど経ってから塗装したのですが、、、


消し去ったはずの合わせ目部分に凹凸が出てしまいました。



これは、おそらく「タミヤ セメント」の乾燥時間が不足していて、

合わせ目を消した後に完全硬化して、

ヒケ」が出てしまったのかもしれません。


それが、ウォッシングを行ったことで、

凹凸が目立ってしまったんだと思います。


本当に合わせ目消しって苦手だなぁ。。。



迷彩塗装」自体は比較的上手く行ったものの、

基本工作での、多少の失敗点があったので、

また、今度、迷彩作品のリベンジをしたいと思います!!


まとめ

f:id:jtle9110:20200501141925j:plain


ということで、約2か月半に及ぶ

HGUCザクⅠ」制作はこれにて終了!!



ここまで付き合ってくださった皆様、

ありがとうございました!!


次回は、「ユニクロ限定ガンダム」を

初心にかえって、簡単フィニッシュ で仕上げていきたいと思います!!


お楽しみに!!


お知らせ
↓ 現在はこちらのページでガンプラ記事を投稿しています。 ↓
note.com