器用裕福

~理想のヤスリを求めて~ Episode1「やすりの親父」

f:id:jtle9110:20200521213738p:plain


先日から始まりました

理想のヤスリを求めて」シリーズ


前回は、エピソード0として、

これまでのヤスリ歴 や、

理想のヤスリの条件 などを語っていきました。


本編スタートということで、

初回は、「やすりの親父」という商品を

開封&使用感レビュー をしていきたいと思います!!

f:id:jtle9110:20200514181429j:plain


開封レビュー

実は、今回紹介する「やすりの親父」シリーズは、

フィルムスティック(青)

スポンジスティック(グレー) の2種類が展開されています。

f:id:jtle9110:20200514181455j:plain

今回は、比較もかねて両方揃えてみました!!

(間違えてスポンジの方も買ってしまったなんて言えない)


ゲート処理用のヤスリを探していたので、

600番 をチョイス。


比較的サイズの大きいヤスリが2本 入っていました。



やすりの表面には 番手が分かりやすいプリント が施されています。

f:id:jtle9110:20200514181527j:plain


反対側もこのように一目瞭然。

f:id:jtle9110:20200514181539j:plain

両面ともヤスリの研磨粒子が付着しているので、

2本だけとは言え、かなりのヤスリ面積です。


フィルムやすりとスポンジやすりの 厚さの比較 です。

f:id:jtle9110:20200514181542j:plain

スポンジの方は、かなり分厚いですね。

フカフカしてます。


それでは、実際に使用してみましょう!!


使用レビュー

フィルムやすり

まずは、青いフィルムやすりの方 から。


こちらの フィルムやすりの強度 はこんな感じ。

f:id:jtle9110:20200514182531j:plain

カチカチというわけではなく、

ある程度しなる」って感じでした。



それでは、綺麗な面を出せるのかを試していきます。


こちらのパーツのゲート処理に使ってみました。

f:id:jtle9110:20200514182534j:plain


まず、使ってみた感想としては、

非常に持ちやすくて、削りやすい!!

f:id:jtle9110:20200514182538j:plain



このように手全体にフィットしております。

f:id:jtle9110:20200514182541j:plain



削ってみた結果がこちら。

f:id:jtle9110:20200514182545j:plain

綺麗さっぱりゲートが無くなり、

表面も綺麗な平らに削ることが出来ました。



しかし、そこまで切削力があるわけではない ので、

それなりに時間はかかりました。(笑)



続いて、削った後の目詰まりを見てみましょう。

f:id:jtle9110:20200514182548j:plain

削った直後はこんな感じで、

一見、詰まりやすいのかなと感じるかもしれませんが、


ちょっと指で拭うと、このように綺麗なヤスリ面に!!

f:id:jtle9110:20200514182551j:plain


その後も、結構使ってみましたが、

このヤスリ、全然目が詰まりません!!

不思議なくらいです。(笑)

スポンジやすり

続いて、スポンジやすり の方を使ってみます。


スポンジタイプなので、

曲面に存在しているゲート を削ろうと思います。

f:id:jtle9110:20200514183650j:plain


持ち方、削り方は先ほど同様にやってみましたが、

f:id:jtle9110:20200514183653j:plain


やはり、スポンジヤスリだけでは、

ゲートを消し去ることはできませんでした。。。

f:id:jtle9110:20200514183657j:plain

ゲートの角が少し丸まっただけ」みたいな。(笑)


ということで、仕方なくフィルムタイプで挑戦。

f:id:jtle9110:20200514183701j:plain


ある程度、しなりがあるので、

曲面のゲート処理もお手の物でした!!

f:id:jtle9110:20200514183705j:plain


正直、ガンダム系のカクついた機体では、

スポンジヤスリの方は使い道がなさそう です。(笑)


総評

f:id:jtle9110:20200514183728j:plain

最後に、使ってみた感想

個人的なレビュー をしていきたいと思います。


まずは、個人的に感じた「良い点」から。

「やすりの親父」良い点

◆共通
・目が詰まりにくく、耐久性抜群
 → ランニングコスト低そう
・手になじむサイズ
・貼り替えなどの必要がない
・ヤスリ跡は綺麗で、荒れなかった
・番手が一目でわかる工夫

◆フィルム
・ある程度の「しなり」があるため、曲面もいける

◆スポンジ
・ゲート処理の仕上げに向いている
・曲面の表面処理に向いている


続いて、「気になった点」をまとめました。

「やすりの親父」気になる点
◆共通
・細かい部分へはアプローチできない
・切削力はそこまでないため削るのにがかかる
・2本で440円とちょっと高め

◆フィルム
・面は出せるものの、綺麗な平面を出すのは難しい
・これ1本で、ゲート処理は時間がかかる

◆スポンジ
・これ一本でゲート処理は厳しい(曲面でも)
・フワフワして扱いづらい

と、まぁ、全体の感想としてはこんな感じ。


商品としては、非常に良いものなのですが、

これを「ゲート処理」や「合わせ目消し」で使用するのは、

少々、物足りなさ を感じてしまいました。


フィルムやすり800番 などを

表面処理 に使うのとかはアリな気がしました。



スポンジやすり に関しては、

ぶっちゃけ、「ゴッドハンド 神ヤス」で良い!!


という感想。。。(笑)



これが、かなり勇気のいる 正直レビュー でした。(笑)


(スポンジヤスリにおいて、

神ヤス」を超えれるものって現れるのかなぁ。)



結論としては、

やすりの親父」は筆者にとっての

理想的なやすり」とはなりませんでした。


ただ、フィルムやすり(青)の方は、

人によっては、かなり使いやすいヤスリ になると思いました。


「やすり」って個人差がある物ですから!!(これに尽きる)



ということで、「理想のヤスリ」を探す旅はまだ続きます。。。