器用裕福

ユニクロ限定ガンプラを7つのアイテムと4ステップで簡単フィニッシュ!!

f:id:jtle9110:20200515101109p:plain


今回は、先日手に入れた

こちらの「ユニクロガンダム」を制作していきます!!

f:id:jtle9110:20200427190810j:plain

使うアイテムは7つ のみ、

たった4ステップの「簡単フィニッシュ」で、

出来るだけ 見栄えの良いガンダム を作っていきます。



この記事を読めば、誰でも実践できるように、

作業写真メイン になっているので、

ガンプラ初心者の方は要チェックですよ!!


簡単フィニッシュで使用する道具7選

作業に移る前に、

まずは、今回使用する道具を詳しく紹介。

f:id:jtle9110:20200511160203p:plainf:id:jtle9110:20200511160210p:plain

①タミヤ 薄刃ニッパー

1つ目の道具は、プラモ制作には、お馴染みの ニッパー です。


僕が使用しているのは、

ガンプラを趣味として始める際に初めて購入した

タミヤ 薄刃ニッパーです。


まだニッパーを持っていないという方は、

まずはタミヤのニッパーを購入しましょう!!

②ヤスリ #400~800(お好きなもの)

続いて、2つ目は「ヤスリ」です。


これに関しては、普段から使用しているヤスリで結構です。


今回は、HIQパーツ リタックスティック

タミヤの紙ヤスリ を貼り付けたものを使用します。


番手は、400~800番 にしました。

③タミヤ セメント

3つ目は、タミヤ セメントです。


合わせ目消し」という工程で使用します。


一度購入すれば、結構持ちますし、

使用頻度も高いので、買って損はないかと。

④タミヤ スミ入れ塗料(ブラック)

4つ目のアイテムは、

タミヤ スミ入れ塗料(ブラック)です。


既存のモールド部分にこれを流すこと

ちょっとした メリハリUP に繋がります。


本来、白のパーツには グレー とかで

スミ入れした方が良いと言われていますが、

今回は、見やすいようにブラックをチョイス。


▲ 白いパーツにはグレイの方が主張しすぎないかも

⑤タミヤ エナメル溶剤


5つ目のアイテムは、タミヤ エナメル溶剤です。


スミ入れ溶剤がはみ出てしまった部分を 拭き取るための溶液 です。


詳しい使用方法などは、後ほど。

⑥綿棒

6つ目は、綿棒 です。


綿棒に関しては、ご自宅にあるもので結構です。


僕は、百均で購入した安い綿棒を使いますし。(笑)


模型用のものを購入したい場合は、

クレオスから出ている「Mr.綿棒シリーズ」がオススメ。

⑦クレオス 水性プレミアムトップコート つや消し

最後に紹介するアイテムは、

クレオス 水性プレミアムトップコート つや消しです。


こちらのスプレーは、仕上げに吹くことで、

ガンプラのプラスチック感を減らすための優れもの。



よく初心者の方にオススメされている

水性トップコート つや消し」という似た商品もあります。

ですが、個人的には、

プレミアムトップコート」の方が、

失敗が少なく効果を感じやすい のでオススメ。


(多少値段は上がりますが。。。)



道具7選まとめ
①タミヤ 薄刃ニッパー
②ヤスリ #400~800(お好きなもの)
③タミヤ セメント
④タミヤ スミ入れ塗料 ブラック
⑤タミヤ エナメル溶剤
⑥綿棒
⑦クレオス 水性プレミアムトップコート つや消し


ということで、以上が今回使用するアイテム7選でしたー。


ステップ①ゲート処理

ゲート処理で使用する物
・タミヤ 薄刃ニッパー
・ヤスリ

1ステップ目は、ゲート処理です。


まずは、ランナーから、

ニッパーでパーツを切り出します。

f:id:jtle9110:20200509205844j:plain

この時、パーツギリギリの位置で切るのではなく、

写真のように少し余らせて切りましょう。


その後、余らせたゲートを

再び、ニッパーで慎重にカット。

f:id:jtle9110:20200509205849j:plain

この「二度切り」を行うことで、

プラスチックに余計な力が入らず、

プラの白化現象を防ぐことが出来ます。


二回目のカットでも、

ほーんの少しだけゲート部分を残して、

f:id:jtle9110:20200509205853j:plain


残りはヤスリの 600番800番 あたりで平らにすると、

より綺麗に ゲート跡 を消すことができます。

f:id:jtle9110:20200509205857j:plain



このように、丁寧に切り出したことで、

どこにゲートが付いていたか」が分からないようになりました。

f:id:jtle9110:20200509205900j:plain

この一連の作業をゲート処理と呼んでいます。



ちなみに、このパーツ、

結局隠れる部分にゲートがあったので、

そこまで綺麗に処理する必要はないですね。。。

f:id:jtle9110:20200509205904j:plain


少々、面倒くさい作業ですが、

すべてのパーツにこの作業を行うと、

より完成度の高いガンプラを作ることができます!!


工程②合わせ目消し

合わせ目消しで使用する物
・タミヤ セメント
・ヤスリ

2ステップ目は、合わせ目消しです。


合わせ目」というのは、パーツの繋ぎ目のことです。


ガンプラの場合、バンダイさんによって、

なるべく繋ぎ目が目立たないように工夫されていますが、

それでも、繋ぎ目が目立ってしまう部分が存在 します。


これをセメントと呼ばれる接着剤

綺麗に消してしまうのがこのステップです。

f:id:jtle9110:20200427191158j:plain

今回は、ガンダムの 脚の部分

合わせ目を消していきたいと思います。



まずは、合わせ目が出てしまうパーツの接着面に

「タミヤ セメント」を刷毛で塗りたくります。

f:id:jtle9110:20200427191201j:plain

しっかり1周分たっぷりと塗りましょう!!


表面張力でセメントが溜まるくらいですね。


個人的には、1周だけでなく、

2周分塗ると、さらに成功率が上がります。



塗りたくったパーツ同士をギュッと合わせると、

f:id:jtle9110:20200510173602j:plain

このように、セメントがムニュっとはみ出します。


この「ムニュ」が出ないと、

合わせ目消しは失敗することが多いです。


なので、セメントをたっぷり塗る必要があるんです。


「ムニュ」をした後は、

セメントが完全乾燥するまで、乾かしましょう。

僕は 3日~1週間放置 しています。

f:id:jtle9110:20200510173606j:plain

完全に乾いたな」と思ったら、

カチカチになったムニュの部分を

ヤスリで削っていきます。


僕はいつも 400番から順番に800番まで

ヤスリをかけるようにしています。



すると、このように合わせ目が綺麗さっぱり無くなります!!

f:id:jtle9110:20200510173609j:plain

肉眼で見ると、薄っすらと線が見えますが、

無塗装で作る場合は、ここまでが限界 だと思っています。



試しに、膝のパーツを合わせてみると、

まるで左右分割のパーツではなかったかのように!!

f:id:jtle9110:20200510173613j:plain


これらの作業を、合わせ目が気になる部分 に行っていきます。


このガンダムで言うと、、、

ガンダム合わせ目箇所
・頭の前後分割
・前腕の左右分割
・ももの左右分割
・すねの左右分割
・足首のアーマー
・ビームライフルの左右分割

あたりでしょうか。


HGキットとかだと、合わせ目のキリがないので、

自分が気になるな」って思った部分のみを消していきましょう。


ガンプラを続けていくと、「気になるな」と思う箇所が

嫌でも増えていくので、最初から完璧を目指さないように!!


ガンプラ制作に完璧を目指すとイライラするだけです。(体験談


ということで、

以上が合わせ目消しという工程でした!!


工程③スミ入れ

スミ入れで使用する物
・タミヤ スミ入れ塗料 ブラック
・タミヤ エナメル溶剤
・綿棒

3ステップ目は、スミ入れです。


写真には「もものパーツ」が写っていますが、

このパーツの中央に線が入っていると思います。

f:id:jtle9110:20200510173706j:plain

この線をモールドと言い、

この部分にスミ入れ塗料を流すことで、

パーツのメリハリupに繋がります。


実際にスミを入れてみるのですが、

まずは、注意点!!


エナメル塗料は プラを侵しやすい性質 を持っていて、

特にパーツに圧がかかっている部分に流れると割れやすいです。


なので、エナメルでのスミ入れをする際は、

極力パーツをばらしてから行いましょう!!


ある程度パーツをばらしたら、

スミ入れスタートです!!



タミヤのスミ入れ塗料は蓋に面相筆が付いているので、

筆の先をモールドに「チョン」と付けます。

f:id:jtle9110:20200510173710j:plain

すると、このように、

毛細管現象」によって 勝手に塗料が流れていきます。


このように、一点付けただけで、

モールドの端まで到達しました!!

f:id:jtle9110:20200510173713j:plain

これが快感なので、やったことない人は

ぜひやってみて欲しいと思います!!


これをすべてのモールドに行ってみて、

一旦、乾燥させます。



しかし、これだけで終わりではなく、

スミ入れの際に「はみ出した部分」があると思うので、

次は、そちらを修正していきます!!



使うのは、綿棒 と「タミヤ エナメル溶剤」で、

f:id:jtle9110:20200511154508j:plain



なるべく 細い綿棒を使うと良い と思います。


こちらは百均の綿棒なのですが、

先が尖っている物 もあるので、こんなのがオススメ。

f:id:jtle9110:20200511154511j:plain



用意ができたら、

綿棒の先に、エナメル溶剤を少し付けて、

f:id:jtle9110:20200511154516j:plain


はみ出した部分を擦ります。

f:id:jtle9110:20200511154520j:plain


この時、入れたスミごと消さないように

なるべくモールドの垂直方向に動かすと良いです。



綺麗にはみ出し箇所を消したことで、

モールド部分だけにスミが残ってくれました!!

f:id:jtle9110:20200511154524j:plain

大変ではありますが、

この作業をすべてのパーツの

すべてのモールド部分に行っていきましょう!!



以上が、スミ入れというステップでした!!


工程④トップコート

つや消しで使用する物
・クレオス 水性プレミアムトップコート つや消し

いよいよ、最後の仕上げに入ります。


つや消しという作業で、

プラスチック特有の光沢を消して、

玩具っぽさを無くす工程 です。


と、その前に、

指定の位置にシールを貼っちゃいます。

f:id:jtle9110:20200511161250j:plain


シールを貼ると、こんな感じです。

f:id:jtle9110:20200511161253j:plain

マーキングシール という種類のシールで、

段差はどうしても出てしまいますが、気にしない。(笑)



シールが貼れたら、トップコートでつや消し。

f:id:jtle9110:20200511161258j:plain

つや消しスプレーを吹くときは、

写真のように、パーツに付ける棒などがあると便利です。


割り箸などをテープで取り付けることで、代用可能です。


缶スプレーを使う前は、しっかりと振りましょう。

f:id:jtle9110:20200511161301j:plain▲ 振ってる様子を演出したつもり。


特につや消しスプレーは、

成分が下に沈殿しやすいので、よく振る必要があります。



中身が撹拌できたと思ったら、

実際にスプレーを吹いていきます。

f:id:jtle9110:20200511161305j:plain

吹くときのコツとしては、パーツに直接当てるのではなく、

横にスライドさせ、パーツを通過するように吹くこと です。



プレミアムトップコートの場合は、

普通のつや消しスプレーと違って、

表面張力でテカテカになるまで吹きます。

f:id:jtle9110:20200511161308j:plain

ただし、垂れると一発アウト なので、

全体が少し湿ったくらいが止め時です。


すべてのパーツにつや消しを塗り終えたら、

乾燥するまで放置しましょう!!

f:id:jtle9110:20200512152535j:plain

念のため、一晩くらい乾燥させてました。


すると、

塗った直後は、テカテカだったパーツが、

しっとりとマットな表面に落ち着きました!!

f:id:jtle9110:20200512152538j:plain


つや消しを初めてやると、

めちゃくちゃ感動すると思いますよ!!



ということで、

以上がつや消しの作業でした。


そして、これにて、

簡単フィニッシュのすべてのステップが終了しました!!


お疲れさまでしたー!!


「ユニクロガンダム」完成!!

さぁ、最後に、

今回紹介した「簡単フィニッシュ」で仕上げた

ユニクロガンダム」の完成品を写真で紹介!!

f:id:jtle9110:20200512152542j:plain

いかがでしょうか。


今回の4つ工程を経て制作したことで、

そのまま組んだガンプラよりも

完成度が高くなった と思いませんか??



アップでも見てみましょう。

f:id:jtle9110:20200512152545j:plain

今回は分かりやすく黒でスミ入れしましたが、

特にライフルは主張が激しくなってますかね。(笑)



続いて、脚のアップですが、

f:id:jtle9110:20200512152549j:plain

綺麗に合わせ目を消すことが出来ました!!


本来、図に示したように、

もも」や「すね」の部分などに合わせ目がありました。

f:id:jtle9110:20200512162631p:plain

肉眼で見ると、線が薄っすら見えますが、

無塗装だったら、合格点でしょう。(笑)



最後に パッケージのポージングを再現 してみました。

f:id:jtle9110:20200512152552j:plain

ビームサーベルは箱絵のように

力ずくで曲げてみましたが、

ちょっとやり過ぎたかな。(笑)



ということで、今回は、

ガンプラ初心者にオススメ

簡単フィニッシュを紹介していきました!!



あくまでも 自分流 の方法なので、

ガンプラ制作の参考にしていただければと思います。