器用裕福

【初エアブラシ塗装】「MGシャア専用ザクⅡ Ver.2.0」を黒立ち上げ塗装!!

f:id:jtle9110:20200330144056p:plain


今回は、初めてのエアブラシ塗装として、

MGシャア専用ザクⅡ ver.2.0」を黒立ち上げ塗装で

仕上げていきたいと思います!!



内部フレーム塗装

メカサフ塗装

まずは、内部フレームを塗装していきたいと思います。


f:id:jtle9110:20200330114309j:plain


まずは、全体を「メカサフ」で。


メカサフは、「プロユースシンナー」と合わせて使っていきます。


プロユースシンナーを使うと、

塗料の食いつきが良くなる」とのことです。



実際に、塗装してみた結果がこちら。

f:id:jtle9110:20200330114312j:plain

f:id:jtle9110:20200330114323j:plain

f:id:jtle9110:20200330114327j:plain


武器類 もメカサフで塗ることにしましたー。

f:id:jtle9110:20200330114330j:plain



バーニアなどの塗りにくいパーツは、

このように紙コップに両面テープで張り付けて塗装。

f:id:jtle9110:20200330114333j:plain

メタリック塗装

メカメカしさを醸し出すために、

一部のパーツをシルバーで塗装していきます。



使うのは、お馴染みの「EX-シルバー」です。

f:id:jtle9110:20200330115020j:plain


合わせるのは、こちらの「メタリックマスター」。

f:id:jtle9110:20200330115029j:plain

この溶剤を使うと、乾燥時間が短く、

メタリック粒子が均等に広がる ようになります。



こちらが、今回実際に塗ってみたパーツたち。

f:id:jtle9110:20200330115037j:plain


f:id:jtle9110:20200330115046j:plain



バーニアも金属感を出していきます。

f:id:jtle9110:20200330115055j:plain



ヒートホークの刃の部分も、

シルバーでリアル感を演出。

f:id:jtle9110:20200330115102j:plain


原作の「紫色+黄色」ではなく、

リアルな武器っぽくしてみました。


黒立ち上げ塗装

黒サフ塗装

さぁ、いよいよメインの「黒立ち上げ塗装」に挑戦。


まずは、下地の「黒サフ」から。

f:id:jtle9110:20200330115706j:plain


外装パーツをすべて黒でベタ塗りしていきました。

f:id:jtle9110:20200330115710j:plain

f:id:jtle9110:20200330115713j:plain

f:id:jtle9110:20200330115717j:plain

f:id:jtle9110:20200330115720j:plain

良い具合のフラット感に。


これまで、光沢塗装ばかりを好んでやってきたので、

マットな感じも素敵だなぁと感じました!!

シャアピンク塗装

黒立ち上げ塗装なので、メインカラーは、

かなり薄く希釈して、弱い圧で吹いていきます。


f:id:jtle9110:20200330120516j:plain

使うのは、こちらの「ガンダムカラー シャアピンク」です。



黒立ち上げは、このように内側から塗っていきます。

f:id:jtle9110:20200330120531j:plain


一気に塗るのではなく、何回にも分けていきます。

f:id:jtle9110:20200330120535j:plain

これくらいまで、エッジの黒色を残していきました。


全てのピンク色のパーツを同じ要領で塗ってみました。

f:id:jtle9110:20200330120553j:plain

f:id:jtle9110:20200330120556j:plain

シャアレッド塗装


続いて、小豆色?のパーツも黒立ち上げしていきます。

f:id:jtle9110:20200330120837j:plain

f:id:jtle9110:20200330120840j:plain

慣れてきたからか、希釈具合が良かったからか、

赤いパーツの方が綺麗に黒が立ち上がった気がします。


そして、ついでにバックパックの赤を。

f:id:jtle9110:20200330121138j:plain

こちらの「ブライトレッド」をチョイス。


非常に発色が良く、綺麗に塗ることができましたー。

f:id:jtle9110:20200330121130j:plain


以上ですべての塗装工程は終了です!!


仕上げ

メタルパーツ埋め込み

エアブラシでの黒立ち上げ塗装だけでなく、

もう1つの新たな試みを。


それが、「メタルパーツの埋め込み」。


f:id:jtle9110:20200330122030j:plain

このように、ピンバイスで穴を開けた部分に、

メタルビーズ を埋め込んでいきました。


元々、丸いモールドがあった部分を中心に、

穴を開けていきました。

f:id:jtle9110:20200330122033j:plain


ビーズや、モールドの大きさに合わせて、

ピンバイスのドリルの径を変えていきました。

f:id:jtle9110:20200330122040j:plain


f:id:jtle9110:20200330122044j:plain

こんな感じ。

モノアイのHアイズ化

そして、定番の改修法である

モノアイのHアイズ化」を施していきます。

f:id:jtle9110:20200330122037j:plain


Hアイズをラピーテープで裏打ちして、

瞬間接着剤で取り付けていきました。


その他にも、武器類のスコープにもHアイズを埋め込みました。

トップコート

最後の仕上げとして、

EX-フラットクリアー」でコートしていきます。

f:id:jtle9110:20200330122020j:plain


見た目上の変化は特に無いので、

次の 完成品お披露目ギャラリー をお楽しみにー!!


塗装完成ギャラリー

それでは、初めてエアブラシ塗装で仕上げた

MGシャア専用ザクⅡ ver.2.0」が無事完成しましたので、

いくつかの写真で紹介していきます!!

内部フレームビュー

まずは、外装を付けない状態でのフレーム写真を。

f:id:jtle9110:20200330122816j:plain

f:id:jtle9110:20200330122822j:plain

f:id:jtle9110:20200330122819j:plain

f:id:jtle9110:20200330122829j:plain

f:id:jtle9110:20200330122825j:plain

EX-シルバー」で塗った部分が、

アクセントになっていて、非常にメカメカしい仕上がりに!!


他にも、ゴールドカッパー

塗り分けても面白いかもしれませんね。

本体ビュー

それでは、初めての黒立ち上げに挑戦した

外装パーツを取り付けていきましょう!!

f:id:jtle9110:20200330124456j:plain

f:id:jtle9110:20200330124501j:plain

f:id:jtle9110:20200330124508j:plain

f:id:jtle9110:20200330124539j:plain

f:id:jtle9110:20200330124504j:plain

バーニアのシルバーも良い感じに見えています。

ポージングビュー

武器類を持たせて、ポージングさせてみました。

f:id:jtle9110:20200330124551j:plain

f:id:jtle9110:20200330124554j:plain

f:id:jtle9110:20200330124645j:plain

f:id:jtle9110:20200330124656j:plain


武器の保持力はあまりないので、

武器の持ち手と手のひらに

ネオジム磁石を埋め込んで補強してあります。


まとめ

今回は、初めての「エアブラシ&黒立ち上げ塗装」に挑戦していきました!!

エアブラシの良いところを活かしていくことが出来たと思います。


エアテックス ワークセットMETEO」でも、

繊細な操作をすることができて、大満足です!!



そして、当ブログでは、初めてのソリッド塗装でしたね。

今後も、様々な塗装に挑戦してきたいと思います!!