器用裕福

理系大学生によるガンプラ制作記中心の雑記ブログ

器用裕福

予算1万円で自作塗装ブースを作ってみる④完成

f:id:jtle9110:20200221141820p:plain


こんにちは、 ジェートル です!!


前回は塗装ブースにフィルターを設置したので、今回は換気扇部分に空気を送るための ダクト をつけていきたいと思います。



今回でいよいよ 自作塗装ブースが完成 しますよ!!


果たして、予算1万円で塗装ブースを作ることができたのでしょうか?笑


前回の記事がまだの方はこちらから。

予算1万円で自作塗装ブースを作ってみる③フィルター設置 - 器用裕福

今回使うもの

今回使うものはこちら。

f:id:jtle9110:20180917212839j:plain




「アルミフレキホース」 というもの。


このホースの中を換気した空気が通って、外に出されるわけです。



ホースの長さは 3m のものにしましたが、これは設置する場所やお好みの長さで選ぶといいと思います。


ですが、 重要なのはホースの直径。


これは、 使用する換気扇に合う直径のもの を購入する必要があります。


参考までに、僕が今回使用した換気扇は 適用パイプの径がΦ100mm だったので、 ホースの径も同じくΦ100mmのもの を選びました!!



ちなみに、この 「Φ」 というのは、 「ファイ」 と読み、 一般的に円形の物の直径を表すもの です。


基本的には 単位は mm なので、 Φ100 と言ったら、 直径100mm ってことになります。




そして、もう1つ買ったものがこちらの 排気口アタッチメント


f:id:jtle9110:20180917212833j:plain



「エアテックス スプレーブース レッドサイクロン用排気口アタッチメント」 という商品です。


エアテックスから出ている レッドサイクロン と言う塗装ブース用の排気口アタッチメントなのですが、これまた径が Φ100mm ということなので、こちらを選びました。



他にも、クレオスから Mr.スーパーブース用の排気口アタッチメント が出ているのですが、こちらの径は Φ68mm とやや小さめなので、却下。


ダクト装着

それではいよいよ、ダクトをつけるという最後の作業に移りたいと思います。


まずは、ホースとアタッチメントがしっかりハマるかの確認。


f:id:jtle9110:20180917212814j:plain

f:id:jtle9110:20180917212848j:plain


まぁ、ピッタリサイズなので無理やりホースを入れ込むような形になりますが、一応しっかりとハマりました!!


このあと、ビニールテープでしっかりと固定しましたよ。



そして、お次は換気扇に装着。


f:id:jtle9110:20180917212844j:plain


ジャストサイズ。


ここから換気した空気が漏れたらなんの意味もないので、こちらもしっかりとテープで固定しました。



以上。



全作業中一番楽でした笑


自作塗装ブースの完成

いよいよ、自作塗装ブースが完成したので、お披露目です。

f:id:jtle9110:20180917212818j:plain


こんな感じになりました!!


思いの外サイズが大きくて、どこに設置しようか悩んだ末、結局自分の部屋の出窓に置く形になりました笑


窓の外から漂う田舎臭は置いといて笑


ダクトも思いの外太かったので、もう出窓に物が置けなくなるような配置になってしまいました笑

f:id:jtle9110:20180917212823j:plain


こんな感じに、換気した空気がダクトを通って、アタッチメントの部分で狭くして外に出すという形です。


この時、少しだけ窓が開いてしまいますが、これはもう仕方がない笑


今後、何か対策を取れればいいかなと思っています。



こんな少しの隙間からでも、


f:id:jtle9110:20180917212829j:plain


田舎なので、そこそこの虫が部屋に入ってきます笑


設置してから2分も経たないうちに、侵入してきました笑



この黒いハチみたいな虫、この夏結構見るのですが、何なんでしょう?笑

アブなのかな?


今のところ刺しては来ないので、全然怖くはないのですが笑



先日購入した エアブラシ と一緒に記念撮影。


f:id:jtle9110:20180917212826j:plain


田舎ならではの緑に囲まれた良い写真だこと笑



窓際で自然光を利用して塗装できます。


果たして予算1万円で作ることができたのか

さて、ようやく自作塗装ブースが完成したわけなのですが、肝心なのは 「予算1万円で作ることができたのか」 ということ。


ちなみに、前回までの作業では 計 8,318円 を使っています笑


そして、今回使用したものは、 ホースアタッチメント のみ。


なかなか際どいところでしょうか笑



それでは、発表します!!


今回、自作塗装ブースを作るのにかかった費用は、、、


  • シロッコファン     5,787円(Amazon)
  • 変換コード         917円(Amazon)
  • 衣装ケース           888円(Amazon)
  • 換気扇用フィルター     108円(百均)
  • 金網            108円(百均)
  • 強力マグネット       108円(百均)
  • 交換用ハニカムフィルター  402円(ヨドバシ.com)
  • アルミフレキホース   1,160円(ヨドバシ.com)
  • 排気口アタッチメント    602円(ヨドバシ.com)  


計 10,080円!!!!!



なんと80円オーバー笑


くぅ~笑

惜しい、かなり惜しい笑


でも、1万円+税で考えたら、10,800円が予算になるので、セーフかな笑(なんだその言い訳)



いや、まてよ。


「ヨドバシのポイント10%還元」 を忘れてはいないか??笑


ヨドバシのポイント10%還元とは、 ゴールドポイントカードの会員になると、購入した商品の10%がポイントになって還元されるというもの で、 1ポイント1円 として使える。


つまり、ヨドバシの価格というのは、値札に書いてある値段ではなく、そこから 10%Offしたものが真の値段 というべきなのだ!!笑



さぁ、それを踏まえて、もう一度計算しなおす。


  • シロッコファン     5,787円(Amazon)
  • 変換コード         917円(Amazon)
  • 衣装ケース           888円(Amazon)
  • 換気扇用フィルター     108円(百均)
  • 金網            108円(百均)
  • 強力マグネット       108円(百均)
  • 交換用ハニカムフィルター  402円 →   361円(ヨドバシ.com)
  • アルミフレキホース   1,160円 → 1,044円(ヨドバシ.com)
  • 排気口アタッチメント    602円 →   541円(ヨドバシ.com)


計 9,862円!!!!!(拍手)


勝った、勝ったぞ!!笑


なんとか予算1万円で塗装ブースを作ることができましたよ!!



こうゆう時のためにヨドバシの会員になることを強くオススメします笑




無理やり感はありましたが、なんとか予算1万円で自作塗装ブースを作ることに成功いたしました!!


「塗装ブースを自作してみようかな」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!!


気になる吸い込み具合は、こちらの記事で検証しています。

自作塗装ブースの性能をテストしたら想像以上の吸い込みで唖然だった件 - 器用裕福