器用裕福

初心者モデラーが「クレオスL7プラチナセット」を安く購入&開封レビュー!!

f:id:jtle9110:20200420114854p:plain


この度、ついに「本格的なエアブラシ」の導入に踏み切りました!!(拍手)


というのも、実は、前回購入した 初エアブラシ である

エアテックス ワークセットメテオ」が

故障して、使えなくなってしまったんです。。。


その後は、このブログでも度々オススメしている

イージーペインター」を使って塗装していました。



例えば、これらの作品はイージーペインターを使用していました。

f:id:jtle9110:20200401214326j:plainHGUCサザビー ver.黒い三連星


f:id:jtle9110:20200401121047j:plainザクヘッド ver.キャンディレッド&鏡面仕上げ



このような ベタ塗り なら、

何の問題もなく、使用することができるのですが、

やはり「グラデーション塗装」や、

迷彩塗装」などの表現にも挑戦したい!!


ということで、財布の固い紐をほどいて、

「本格的なエアブラシセット」の購入を決心いたしました。


なので、今回は、実際に購入した商品の紹介と

使ってみた感想などをまとめていきたいと思います!!


購入したエアブラシ紹介

はい、早速ですが、

今回購入したものがこちら!!

f:id:jtle9110:20200420004906j:plain


クレオスのリニアコンプレッサーのシリーズです。



具体的な型番はというと、、、

側面カモン!!


f:id:jtle9110:20200420004913j:plain


はい、今回、私が購入した商品は、

Mr.リニアコンプレッサーL7 レギュレーター/プラチナセット」です!!


こちらの商品を選んだ理由としては、単純で、

クレオスの最上位機種だからです。(ドヤ)



クレオスには、1つ下のモデルの「L5」というコンプレッサーも存在します。


しかも、「L5」は一番人気の商品です。


にも関わらず、なぜ「L7」を選んだかというと、

連続稼働時間が無制限であること」と、

L5よりも空気圧が高いため、

今後「ウレタン塗装などにも挑戦できる」と思ったからです。



一度購入しちゃえば、長く使えるものだし、

初心者でも安心感を得られるので、

奮発して最上位機種にしちゃいました!!



ということで、実際に開封してセッティングしてみました。

f:id:jtle9110:20200420004920j:plain


撮影ブースの背景紙に収まり切りませんでした。(笑)



こちらのセットの内容物をアップでご紹介!!

f:id:jtle9110:20200420004941j:plain


まずは、ハンドピース本体。


こちらのハンドピースは、

PS289 プロコンBOY WAプラチナver.2」という商品と同じ物です。


そして、その下には、以前紹介した

ドレン&ダストキャッチャー」が元々セットになってました!!


さらに、「Mr.スタンド&トレイセットⅡ」が付属しているので、

ハンドピースのやり場には困りませんでした!!



f:id:jtle9110:20200420004926j:plain


ハンドピースとコンプレッサーの間には、

PS234 Mr.エアーレギュレーターMkⅣ」なるものが。


前回購入したエアブラシには、

このようなツールはなかったので、馴染みがありません。(笑)



f:id:jtle9110:20200420004934j:plain

そして、最後に、

主役である「Mr.リニアコンプレッサーL7」です。


これらで、内容物は以上です!!


まとめるとこちら。

セット内容まとめ
・PS254 Mr.リニアコンプレッサーL7
・PS289 プロコンBOY WAプラチナver.2
・PS234 Mr.エアーレギュレーターMkⅣ
・PS282 ドレン&ダストキャッチャー
・PS230 Mr.スタンド&トレイセットⅡ
・PS247 Mr.エアーホース・1/8(S)スパイラル(←紹介忘れてた)


これらの商品を単品で購入した場合の合計を計算してみると、


定価 72,050円(税込)でした!!

(間違ってたらゴメンネ)




一方、「L7 レギュレーター/プラチナセット」の価格はというと、


定価 63,800円(税込)です!!




これらの値段は、あくまでも定価です。



僕が実際に購入した時の金額は、


約37,000円 くらいでした!!



定価と比べるとメチャクチャ安かったです!!


ちなみに、楽天市場の「Joshin Web」さんで購入しました。


ポイントアップのキャンペーンなどが重なって、

それくらいの値段で手に入れることができました!!(拍手)



テスト塗装

それでは、試しに塗装をしてみましょう!!


自作塗装ブースの前でパシャリ。

f:id:jtle9110:20200420192318j:plain


実は、こちらの自作塗装ブースを作った理由も

エアブラシに本格移行するためだったんですねぇ。


今回、テスト塗装に用いるのは、

こちらの「Mr.カラー レッド」です。

f:id:jtle9110:20200420005026p:plain



今まではイージーペインターを主に使っていたため、

エアブラシの希釈具合は未だに掴めませんが、

とりあえず、「1:2」くらいにしてみました。

f:id:jtle9110:20200420005046j:plain

トクトクと、カップに希釈した塗料を注ぐ。



さぁ、久々のエアブラシを握っての塗装です!!

f:id:jtle9110:20200420005053j:plain


正直、圧力の調節もまだコツがわかっていませんが、

一応、このように綺麗に塗ることができました!!

f:id:jtle9110:20200420005035j:plain


お気づきだとは思いますが、

今回の実験台もハロちゃんです。(笑)


事前に余っていた黒サフを吹いたものです。


黒の上からでも、これだけの発色!!


もう片方の球体は、

黒立ち上げ」という表現に挑戦してみました。

f:id:jtle9110:20200420005042j:plain

久々にしては、上手く行ってそうです!!


ということで、満足のいくテスト塗装をすることができました!!


慣れるまでは修業が必要ですね。


洗浄

最後に、洗浄方法も紹介しておきます。


キムワイプキッチンペーパー などで、

カップ内の塗料をある程度拭き取ったら、

このような洗浄溶剤を注いでいきます。

f:id:jtle9110:20200420005217j:plain


注いだら、例の「うがい洗浄」をしていきます。

f:id:jtle9110:20200420005224j:plain


このハンドピースの場合は、

僕が握っている ノズルキャップの部分を少し緩める ことで、

空気が逆流してうがいすることが出来ます!!

(初見殺し)



十分塗料が落ちたなと思ったら、溶剤を捨てて、

もう一度キムワイプで拭き取っちゃいましょう。

f:id:jtle9110:20200420005230j:plain


そうすると、元通りのピカピカ姿に!!


ということで、簡単な洗浄は以上です。



今後、使い続けていったら、

より本格的な洗浄も紹介していきたいと思います!!


まとめ

今回は、「L7 レギュレーター/プラチナセット」を

購入したことの報告と、開封レビューをしていきました!!


今後は、こちらのエアブラシセットを使用して、

新たな塗装表現を開拓していきたいと思っています。


毎作品、新たな塗装方法に挑戦 していくことに決めているので、

今後もブログ「器用裕福」を応援してくださると嬉しいです。



ツイッターインスタグラム 等のSNSもやっているので、

サイドバー(スマホは下の方)からフォローをお願いします!!