器用裕福

予算1万円で自作塗装ブースを作ってみる②衣装ケース加工

f:id:jtle9110:20200221140914p:plain


前回購入した シロッコファン

塗装ブースの本体となる 加工した衣装ケース に取り付けていきたいと思います!!


今回使う衣装ケース

衣装ケース は自作塗装ブースの本体としてよく利用されています。


他にも、木材などでDIYして作る方もいらっしゃるのですが、

今回は、時短したいため衣装ケースを加工して利用しようと思います。



自宅に余っている衣装ケースがある人は良いんですが、

残念ながら、僕の家には余っている衣装ケースがなかったため、

Amazonでこちらの衣装ケースを購入いたしました!!


アイリスオーヤマ ボックス クリア TB-54」という衣装ケースです。


この衣装ケースが最適かと言われると、微妙なのですが、

とりあえず サイズ だけは気を付けました。



前回購入したシロッコファンの一番大きい部分が 約28cm×28cmの正方形 なので、

このサイズよりも衣装ケースの底が大きくないといけません!!



ここで注意点!!


ネットで衣装ケースを購入するときは

内寸のサイズ を確認しましょう!!



僕が今回購入した衣装ケースのサイズは、

幅40×奥行55×高さ24cm となっていますが、

これは フタを含めた大きさ です!!


衣装ケースの底の部分のサイズは内寸と書かれている

幅32×奥行43×高さ21.5cm なんです。



なので、商品のサイズではなく 内寸 を見ましょう!!

(これを確認せずに一回小さい衣装ケースを買ってしまったことは内緒笑)



そして、実際に届いたものがこちら!!

f:id:jtle9110:20200329150737j:plain



衣装ケースはこのように横に倒して使っていきますよ。

f:id:jtle9110:20200329150754j:plain


衣装ケース加工

それでは衣装ケースに換気扇を取り付けるために、

加工 していきたいと思います!!


ファンはこのように取り付けていきたいので、

ここの部分に穴を開けていきます。

f:id:jtle9110:20200329150822j:plain



穴を開けるための型を書いていきました。

f:id:jtle9110:20200329151009j:plain



この線の通りに切り取っていくのですが、

最初にドリルで線に沿って穴を開けていきます。

f:id:jtle9110:20200329151347j:plain

f:id:jtle9110:20200329151430j:plain

f:id:jtle9110:20200329151438j:plain


こんな感じ。。。


時間かかり過ぎる。。。(笑)


根気が持たない気がしたので、素直にカッターでノコギリのようにして切っていきました。


失態に気づく

無事にカッターとドリルを駆使して底を開けていきました。

f:id:jtle9110:20200329151632j:plain


ですが、、、



既にここまで読んで、お気づきの方も多いと思います。。。


「これ、あかーーん!!」



僕、換気扇の一番大きい正方形の型をとって開けていたんです。。。


これじゃ、換気扇が引っかかる部分がないので、ガバガバ。



分かりやすく説明すると、

f:id:jtle9110:20180916203001p:plain

僕は、この写真の青い部分のサイズを開けていたのですが、本来開けるべきは赤い部分のサイズですね。



そうしないと、青い部分が引っかからないですからね。(笑)

完全にボーっとしておりました。(笑)



なので、応急処置として、とりあえずダンボールを良い感じに切って貼り付けました笑

f:id:jtle9110:20200329152013j:plain


本来はこのサイズで切り取るはずだったんです。


f:id:jtle9110:20200329152146j:plain

強度が心配なので、両側からガムテープで貼り付けました。



それでは、ファンをはめ込んでいきましょう!!

f:id:jtle9110:20200329152427j:plain

こんな感じ。



裏側から見ると、

f:id:jtle9110:20200329152441j:plain

こんな感じ。



ダンボールを使ったので、こんな感じにちょっと汚い仕上がりになってしまいました。。。



最後に、家にあった ネジボルト でファンを完全に取り付けました。

f:id:jtle9110:20200329152501j:plain


良い感じのサイズのネジとボルトは、百均でも購入できると思います。



意外とダンボールにも、しっかりくっついてくれました。

強度はそこそこです。


ということで、

予算1万円で自作塗装ブースを作ってみる②衣装ケース加工」はこれにて終了です。



今のところかかった費用はご覧の通りです!!


これまでにかかった費用
シロッコファン 5,787円(Amazon)
変換コード     917円(Amazon)
衣装ケース      888円(Amazon)

計 7,592円


あれれ、1万円超えるんじゃね?」みたいな。(笑)



次回はファンにフィルターを取り付けていきたいと思います!!