器用裕福

【検証】イージーペインターで「キャンディーグラデーション」はできるのか!?

f:id:jtle9110:20200218225357p:plain


今回は、イージーペインターを使った 検証シリーズ第二弾 です!!


第一弾では、イージーペインターでラップ塗装に挑戦していきましたね。


第二弾である今回は、

イージーペインターでグラデーション塗装はできるのか

を検証していきたいと思います!!


しかも、キャンディーグラデーション!!


グラデーション塗装は、本来エアブラシでないと再現できません。

なので、エアブラシほどのクオリティーではできないと思いますが、

できる限りのことはしてみたいと思います!!


今回のキャンディーグラデーションの手順

今回は、 イージーペインター での塗装になるので、

エアブラシと同じ方法では間違いなくできません。


そこで、自分なりにグラデーション塗装の方法を考えてみました。


と、その前に、エアブラシで塗装する「従来のキャンディーグラデーションの方法」を解説。

そのために、わかりやすく図を作ってみました。

f:id:jtle9110:20200326162402p:plain


まずは、黒で下地を塗って、

その後に、縁に黒が残るように、内側からメタリック塗料を塗装してグラデーションをかけていく。

そして、その後にクリアーカラーを塗って完成って感じです。


いわゆる、黒立ち上げって方法なのかなぁ。


以上がエアブラシでの方法です。



イージーペインターは 細く薄く吹くことができない ので、

同じ方法で塗装すると、 縁が残らず に全体にメタリックが乗っかってしまいます。


なので今回は、イージーペインターでも 黒立ち上げ風になる塗装方法 を試してみます。


こちらも、わかりやすく図を作ってみました。

f:id:jtle9110:20200326165928p:plain

こんな感じ。

黒を立ち上げるのではなく、 上から縁だけ黒く塗る方法!!


正直、この方法もかなり難しいとは思うんですけど、

物は試しということで、実際にやってみましょう!!


実際にやってみる

まずは、シルバーの発色を良くするために、

お馴染みの EX-ブラック で下地を塗っていきました。

f:id:jtle9110:20200326171402j:plain

ガイアノーツ Ex-02 Ex-ブラック 50ml

ガイアノーツ Ex-02 Ex-ブラック 50ml

  • メディア: おもちゃ&ホビー


次は、いつものキャンディ塗装と同じ感じで、この上からシルバーをべた塗り。

こちらも、 EX-シルバー を使っていきます。

ガイアノーツ Ex-07 Ex-シルバー 50ml

ガイアノーツ Ex-07 Ex-シルバー 50ml

  • メディア: おもちゃ&ホビー

(写真は忘れた。。。)



気を取り直して、いよいよ今回の山場です。

イージーペインターで縁だけを黒く塗るという 荒業


結果はいかに。。。




f:id:jtle9110:20200326171902j:plain

f:id:jtle9110:20200326172113j:plain


はい、こんな感じでした。。。


うーん、結構、無理がありますね。(笑)


やっぱり、細吹きが難しいので、 縁の面積が多め。(笑)

それにしても、中央部分の 飛び散り が気になりますね。(笑)



案外、クリアーカラー塗ったら、見栄えが良くなるかもしれないので、

ガイアのクリアーレッドで塗装してみます!!


仕上がりはこんな感じ。

f:id:jtle9110:20200326173054j:plain


なんとなく、さっきよりも良い感じに見えるかな??


縁はこんな感じ。

f:id:jtle9110:20200326173323j:plain

f:id:jtle9110:20200326173336j:plain


うーん、やっぱり 縁が太い のと 中央の飛び散り は気になるものの、

さっきより見栄えは良くなりました!!


まとめ

今回の検証をまとめます。

検証結果
イージーペインターでのグラデーション塗装には限界がある!!


そもそも、実際に塗るパーツは、

今回使用した スプーンよりも小さくて、縁が多い わけですから、

ますます 実践的ではない ことがわかりますね!!



ということで、今後 グラデーション塗装を試してみたい方 は、

スプレーやイージーペインターではなく、素直に エアブラシの購入 をオススメします。(笑)



僕も、今後は、より高度な塗装表現にも挑戦 してみたい気持ちがあるので、

エアブラシの導入 も視野に入れつつ、これからもガンプラ制作を頑張っていきたいと思います!!