器用裕福

【初めての塗装に】イージーペインターの自作方法から使い方までを紹介!!

f:id:jtle9110:20200218213953p:plain


皆さん、こちらの イージーペインター という商品をご存知でしょうか?



この商品は、エアブラシと缶スプレーの良いとこ取りをしたような優れもの です。


実は、この商品、

正規品を買うよりも安く自作することができちゃいます!!


ということで、今回は「イージーペインターの自作方法」を紹介していきたいと思います。


(塗装方法とメンテンナスに関しても説明するので、最後まで見てってちょうだい!!)


自作するために必要な物

まずは、今回イージーペインターを作るにあたって必要なものを一覧にしてみました!!

SOFT99 エアータッチ専用スペアキャップ

エアーダスター缶

DME仕様のエアーダスター なら何でも。

DME仕様だと、正規品と共通規格なのでスペアキャップと結合可能らしい。

イージーペインター用スペアボトル

どうやら、ダイソーの18mlスプレーボトルでも代用可能らしいですが、これだけは正規品を買うべきです!!


なんと、この3つ でお手製イージーペインターが完成しちゃいます。

イージーペインターの作り方

作り方っていうほど、複雑な工程はありませんが一応解説します。

①エアーダスターのキャップを取る

こちらが今回購入したエアーダスターです。

まずは、こちらの白いキャップの部分をむしり取っちゃいましょう。


こんな感じに取れたと思います。


この差し込み口が、スペアキャップと合致しなきゃいけないので、

缶の規格とかよくわからん」って人(僕も含めて)は、

とりあえず今回紹介しているものと同じの買っちゃった方が早いです。


というか、イージーペインターを自作しているほとんどの人が、

この商品使ってるんじゃないかな。。。

②スペアキャップを取り付ける

こちらが、実際に購入したスペアーキャップ。


こちらを開封したら、このように装着。


もちろん、ぴったりハマりましたー!!

③スペアボトルを取り付ける

今回は2本入りを2つ、計4本スペアボトルを購入しました。

4本もあれば、掃除もそこまで大変じゃなさそうなので。


こちらを1本とり出して、白のふたの部分をとりましょう。


そしたら、キャップにしっかり装着。


たったこれだけで、お手製イージーペインターの完成です。

お疲れ様でした。


テスト塗装

それでは、実際にこの自作イージーペインターがどれほどの実力なのかテストしてみましょう!!


今回吹き付ける塗料はガイアノーツの Ex-ブラック


ちなみに、隣のボトルは百均で買ったもので、このボトルに 1:1 で希釈したブラックを入れております。


イージーペインターでの塗装は「1:1」で希釈することが推奨されています。

特にこだわりがない人は、その通りに希釈しましょう!!


そして、今回のテスト塗装の対象物はこちら。

これまた 百均のプラスチックスプーン です。

テスト塗装の王道です。


それでは早速塗装していきたいので、このようにイージーペインターのボトルに希釈した塗料を入れていきます。


とりあえず、さっとひと吹き。


このように、缶スプレーとは比べ物にならないほど 細かな霧 に!!


風圧に関しては、缶スプレーよりも大きいので、

まぁまぁ対象物から離して吹いた方がいいと思いました。


全体を軽く吹いてみるとこんな感じに。


思っている以上に細かく、薄く吹くことが可能ですよ。


塗装に関しては、かなり大満足。


慣れてくると、イージーペインターでの塗装で、

こんなツヤツヤな作品まで作れちゃいます。

f:id:jtle9110:20200325184250j:plainザクヘッド(キャンディ塗装&鏡面仕上げ)


ですが、缶スプレーとは違って使用後はお掃除をする必要があるので、

最後に、掃除の方法も紹介していきたいと思います。


掃除・メンテナンス方法

汚れる場所を確認

まずは、使用後の汚れがどこにつくのかを確認していきます。


まずは 塗料の吹き口


そして、次にこの ボトル と塗料を吸い上げる ノズル


以上、 この3か所 の掃除をしていきたいと思います。

ツールウォッシュで掃除

掃除ために用意したものがこちら。

ガイアノーツの ツールウォッシュ です。



クレオスの ツールクリーナ― でも何ら変わりはありません。



一応、イージーペインター自体はガイアノーツの商品なので、合わせてみただけです(笑)



それでは、掃除の手順を簡単にまとめてみました。

掃除の手順まとめ
1.ボトルにツールウォッシュを少量入れて、ティッシュなどで口を塞ぎながら汚れが取れるまで振る。


2.先ほど塞いでいたティッシュで、塗料の吹き口の汚れを拭き取る。


3.ツールウォッシュが入っているボトルをイージーペインター本体に接続し、ノズルの中が綺麗になるまで噴射。


4.ノズルが綺麗になったら、ボトルを外して再度ボトルの中身を綺麗にして最後に水で洗って自然乾燥。


この掃除思った以上にティッシュを使いますのでしっかりボックスのティッシュを用意してください(笑)


もしくは、モデラ―御用達のキムワイプ。



キムワイプは繊維が出にくいので、塗装の大敵である埃対策ができます。



あとは、このツールウォッシュの洗浄力が強いので、

僕みたいに皮膚が弱い方は溶剤がこぼれないように注意しましょう!!(重要)



この手順で掃除するとこのように綺麗になりました。


多少の汚れが残ることはありますが、ここまでやっても取れなかったくらいなので、そこまで心配する必要はないかと。


まとめ

ということで、今回はイージーペインターの自作方法と、

塗装方法、掃除方法をまとめて紹介していきました!!


使ってみると分かりますが、このイージーペインターを使うと、かなりコスパ良く綺麗に塗装できます。


先ほども紹介しましたが、

f:id:jtle9110:20200325184433j:plain

こんな作品や、


f:id:jtle9110:20200325184632j:plain

こんな作品などが、


エアブラシがなくても、作れちゃいます!!


詳しくは、当ブログで色々紹介してますので、参考までに!!



ということで、以上、自作イージーペインターの紹介でした!!


少しでも参考になれば、幸いです。