器用裕福

理系大学生によるガンプラ制作記中心の雑記ブログ

器用裕福

【ガンプラ塗装】エアブラシ無しでも綺麗なキャンディ塗装をする方法を解説

f:id:jtle9110:20200218221211p:plain


こんにちは、 ジェートル です!!


最近のガンプラの主流は「つや消しで仕上げる」ですが、僕は光沢があって キラキラしたガンプラが好み です。


特にジオン系MSのような流線形なフォルムには キャンディ塗装 が超似合って格好いいですね!


ただ、キャンディ塗装というのは何回もクリアー塗料を薄く重ねる必要があるので、基本的にはエアブラシでの塗装が推奨されています。


缶スプレーでもできないことはないですが、かなりコスパが悪く、不経済。

しかも綺麗にできない。

前回、痛い目を見ましたから笑

www.kiyo-yufuku.com


かと言って エアブラシは初期投資が高い のでなかなか購入に踏み出せない人も多いと思います。

僕もその中の1人です笑



しかーし、心配ご無用。

エアブラシ無しでもこのくらい↓のクオリティのキャンディ塗装までならできます!



ということで、今回は エアブラシ無しでキャンディ塗装をする方法 を書いていきたいと思います!

使うもの一覧

イージーペインター


これが今回の 主役 です。


少しでもコストを減らすため、僕はこれを 自作 して使っています。


詳しくはこちらから。

イージーペインターを自作して、実際に塗装、掃除してみた!! - 器用裕福



缶スプレーとエアブラシの中間という感じで、缶スプレーよりもきれいに仕上がり、エアブラシよりも初期費用が少なくて済みます。


原理は缶スプレーとたいして変わらないはずなのに、かなり綺麗に塗装することができます。


エアブラシの購入に踏み出せない方は是非 イージーペインター を検討してみてください!

各種塗料

黒(下地用)

ガイアノーツ Ex-02 Ex-ブラック 50ml

ガイアノーツ Ex-02 Ex-ブラック 50ml

  • メディア: おもちゃ&ホビー

つや有りの黒だったらなんでもいいと思いますが、僕は大容量のガイア EX-ブラック を使用しています。

シルバー(メタリック塗料)

ガイアノーツ Ex-07 Ex-シルバー 50ml

ガイアノーツ Ex-07 Ex-シルバー 50ml

  • メディア: おもちゃ&ホビー

黒の上に塗るメタリック塗料です。

一般的にはシルバーが使われますが、上に塗るクリアーカラーに合うメタリック塗料ならなんでもいいと思います。


さきほども写真を載せましたが、シャア専用ズゴックを作製した時は、こちらのクレオスの Mr.メタリックカラー GXメタルレッド を使用しました。

Mr.メタリックカラー GX202 GXメタルレッド

Mr.メタリックカラー GX202 GXメタルレッド

  • メディア: おもちゃ&ホビー

クリアーカラー

自分が仕上げたい色の クリアー塗料 を塗ります。


僕は、まだクリアーレッドしか塗ったことがないのですが、その時はガイアのクリアーレッドを使用しました。


もちろんクレオスのクリアー塗料でもいいと思います。

光沢クリアー

Ex-03 Ex-クリアー 50ml

Ex-03 Ex-クリアー 50ml

  • メディア: おもちゃ&ホビー

クリアーカラーの上にトップコートとして光沢のクリアー塗料を塗ります。


こちらも、 ガイアのEXシリーズ です。


クリアー塗料は何層も塗ることになるので、とにかく 大容量なものをチョイス しましょう。

各種溶剤

ツールウォッシュ

こちらは、イージーペインターを掃除するときに使用します。

結構使うので、僕は特大サイズを買いました。


個人的に苦手な臭いがします。。。

クレオスからも同じ用途の溶剤がでてますので、臭いで選択するのもありかと。

モデレイト溶剤

こちらは、塗料を薄める溶剤です。

正直、なんでもいいと思いますが、僕はガイアの塗料をよく使うのでガイアで溶剤類はガイアで統一しています。

ガイアからはメタリックマスターという溶剤もあり、シルバーで塗る時なんかはこちらで薄めるとより仕上がりがきれいになると思います。

ちなみに僕は、両方とも大サイズを購入しました。

調色スティック

溶剤と塗料を混ぜる時に使います。

これは他のものでも代用できそうですが、絶対購入した方がいいと思います。

コンパウンド

タミヤ コンパウンド 粗目

タミヤ コンパウンド 粗目

  • メディア: おもちゃ&ホビー

こちらは、キャンディ塗装自体には必須という訳ではありませんが、最後にもっと輝きをつけるために表面を磨く時に使います。

表面の光沢クリアーを 粗目→細目→仕上げ目の順 で磨いていきましょう。

下地まで削らないように、慎重に。

塗装マスク(※必須ではない)

TRUSCO(トラスコ) 塗装マスク DPM-77TM

TRUSCO(トラスコ) 塗装マスク DPM-77TM

  • メディア: Tools & Hardware

こちらも必須というわけではありませんが、キャンディ塗装は塗料を塗る作業が多いのでシンナー分を吸い込みすぎると頭が痛くなることもあるかと思われます。

健康に気をつかうならこちらを購入することをオススメします。


これをつけると全くシンナー臭がしなくなります。

一回つけるともう手放せなくなりますね。


詳しくはこちらの記事から。

https://www.kiyo-yufuku.com/entry/gunpla-painting-mask

キャンディ塗装のやり方

準備

まずは、イージーペインターの使い方を頭に入れておきましょう。

先ほども紹介しましたが、こちらの記事に使い方を書いてあるので、詳しくはこちらをどうぞ。

イージーペインターを自作して、実際に塗装、掃除してみた!! - 器用裕福


こちらの記事でも書きましたが、百均で売ってるようなボトルに希釈した塗料をいれておくとスムーズに使えると思います。

塗料の希釈は全て 1:1 にしています。

イージーペインターの取説でも1:1ぐらいで吹くことを推奨しています。


しかも、1:1なら簡単な希釈方法があります。


それは、塗料を百均のボトルに全て入れてから、その空いた瓶に塗料と同じ分の溶剤を入れて調色スティックで軽くかき混ぜて、それをボトルに入れます。

そしたら、ボトルをしっかり閉めて、振る。

大雑把ですが、これで1:1の希釈が簡単にできます。

いつも、この方法で済ませてます。


イージーペインターの使い方をおさえて、塗料の希釈を済ませたらいよいよ塗装にはいります!

塗装工程

黒塗装

キャンディ塗装の塗装工程ですが、さきほども少し触れたのでだいたいわかっているとは思うんですが、改めて書きます。

まずは、ガイアのEX-ブラックを吹いていきます。

f:id:jtle9110:20180316204923j:plain

テスト塗装としてプラスチックスプーンに塗装した時の写真です。


EX-ブラックを吹くと、こんな感じでつやのある黒色になります。

EX-ブラック以外の黒でもいいのですが、つや消しの黒ではなくつや有りの黒を使うようにしてください。

シルバー塗装

次にメタリック塗料を黒の上から吹いていきます。

f:id:jtle9110:20180225161751j:plain

この写真は、ザクをキャンディ塗装で作った時の写真なので、タミヤの缶スプレーのシルバーなのですが、これも黒の上から吹いてますので参考までに。

ガンプラ初心者が初めて缶スプレーでキャンディ塗装に挑戦してみた!! - 器用裕福


ちなみに、さきほども言いましたがシャア専用ズゴックを作った時に吹いたメタリック塗料はクレオスのGXメタルレッドです。

その時の写真はこちら。

f:id:jtle9110:20180401153902j:plain


まぁ、要するにクリアーカラーで上から塗った時に、金属の粒子が透けて見えればいいので、クリアーカラーに合う色のメタリック塗料ならなんでもありです。

クリアーカラー塗装

次に、いよいよクリアーカラーを塗っていきます。

f:id:jtle9110:20180401154020j:plain


これは先ほどのGXメタルレッドのうえからガイアのクリアーレッドを塗った後のものです。


2,3層重ねて塗るとかなり奥行きがでて綺麗に仕上がると思います。


とてもじゃないけど、HG1体つくるだけでも1瓶じゃ足りないです笑

クリアー塗装

そして、最後にこの上からEX-クリアーを吹いていきます。

見た目がとくに変わらないので写真はありませんが、何層か吹いていきます。

吹き方や、塗料にもよりますが、イージーペインターだとエアブラシよりも塗膜が厚くなりがちなので、僕は 2,3層で十分 だろうと思って吹いています。

磨く度合いにもよるので、個人にお任せします笑


以上で塗装の工程は終了です。


そこまで、難しくない作業なのですが、面倒っていうのと、1回の塗装ごとに乾燥の時間が必要なので時間がかかります。

乾燥時間は最低でも半日、僕は念のため1日は置いてます。

特に、クリアーは乾燥が遅いので。

表面磨き

塗装は一通り終わったのですが、この後表面を磨いていきます。

一般的にキャンディ塗装というのはクリアーを塗った段階で終わりなのですが、コンパウンドで磨いた方が絶対綺麗なので。


さきほど、紹介したタミヤのコンパウンドを家にある余った布や、同じくタミヤからでているコンパウンド用クロスに少量とってフキフキしていきます。

僕はこのクロスを使っています。

色が三色に分かれていてそれぞれのコンパウンド用に使い分けることができるので。

1つの布で違うコンパウンドを塗ると、混ざっちゃって段階を踏んでいる意味がないので。


しっかり粗目→細目→仕上げ目の順で磨きましょう。


磨く時はあまりゴシゴシやらずに、優しく撫でてあげましょう笑

下の層まで削れていないか確認しながらやるのもいいと思います。


ここまで磨くと冒頭に載せたズゴックぐらいまでなら反射します。

f:id:jtle9110:20180509145540j:plain


これ以上を求めるならば、素直にエアブラシを購入した方がいいと思います。


あとは、塗装するごとに軽く表面が均等になるようにヤスリで磨いていって、クリアー塗装後のヤスリが終わったらもう一度クリアーをその上から吹き、コンパウンドで仕上げるような 「鏡面仕上げ」 というテクニックもあるので、マメな方はそちらに挑戦してみるのもありだと思います。


詳しくはこちらの記事から。

【プラモデル】初めての鏡面仕上げに挑戦してみた!! - 器用裕福


僕の場合はコンパウンドのみなので、鏡面モドキって感じですかね笑

イージーペインターでキャンディ塗装をするときのコツ

ここまで、長々とキャンディ塗装について話してきましたが、最後に自分なりに感じたコツを紹介します。


とにかく、表面が滑らかになることを心がけて塗装していかないといけないんですが、イージーペインターはエアブラシと違うので、エア圧やノズルの直径を変えることができなくて、基本的に圧が高いです。

もともとエアーダスター用の缶を使っているので笑


エア圧が高いと液だれが起きやすくなります。


なので、結構パーツと距離を離して、一点集中にならないように吹き付けるのがセオリーなんです。


でも、それをクリアー塗装の時にやると、結構表面がぶつぶつして 梨地 と呼ばれるような状態になっちゃうんですよね。


なので、クリアー塗装の時だけは、結構パーツとの距離を近づけて、ゆっくり吹くのが良いと思います。

目安としては、クリアー塗料が表面張力でギリギリ液だれしないっていう状態まで吹くことですかね笑

そんなこと言われても結構むずいですよね笑

僕も、何か所か液だれしてヤスリで修正しましたから笑


なので、これは完全に慣れていくしかないと思います!

僕も練習中ですから!



ということで、長くなりましたが以上で エアブラシ無しでキャンディ塗装をする方法 でした。


とにかく、このぐらいの出来でいいなら、高い金を出してエアブラシを買わなくても平気だよっていうことを伝えたかったんです。


是非、少しでもイージーペインターに興味がでたら、導入してみてください。