器用裕福

【無塗装派必見】バルバトスを「成型色&ウェザリング」でカッコよく!!

f:id:jtle9110:20200416204434p:plain


今回は、全4回&約半年5か月はブランク)に渡って、

成型色&ウェザリング仕上げ で制作してきた

1/100 バルバトスルプスレクス」を紹介します。



ちなみに、作業内容のほとんどが

月刊ホビージャパン2020年2月号」で掲載された

林哲平さんの「ガンプラ凄技テクニック」に倣ったものです。



kindle unlimited」では、最近、

月刊ホビージャパン」が読み放題になったので、

まだ未加入の方は、無料体験してみることをオススメします!!


無料期間中に

すべてのホビージャパンを読み漁っちゃいましょう!!(セコい)


ガンダムフレーム

それでは、まずは外装パーツを付けずに、

ガンダムフレーム」のみを紹介!!

部分塗装後

ガンダムフレームは、

すべてのパーツを 黒サフ で塗装し、

その後、シルバーやゴールドで部分塗装 しました。

f:id:jtle9110:20200415182050j:plain

f:id:jtle9110:20200415182043j:plain

f:id:jtle9110:20200415182029j:plain

f:id:jtle9110:20200415182036j:plain


元々シールで表現されていた部分と、

個人的にアクセントがあった方が良いと思った場所を選んで、

エナメル塗料を筆塗りしました。


使ったのは、「ゴールドリーフ」と「クロームシルバー」です。


特に「クロームシルバー」の方は、

筆塗りにも関わらず、発色、隠ぺい力が素晴らしかったです。

ドライブラシ後

続いて、綺麗目だったガンダムフレームを

ドライブラシ を施して、

塗膜の剥がれハイライト を表現していきました。

f:id:jtle9110:20200415182232j:plain

f:id:jtle9110:20200415182312j:plain

f:id:jtle9110:20200415182249j:plain

f:id:jtle9110:20200415182258j:plain

f:id:jtle9110:20200415182306j:plain


同じくエナメル塗料「クロームシルバー」を使用しました。


正直、久しぶりのドライブラシだったので、

自然な剥がれを再現するのは難しかったです。


とにかく、僕が思うポイントとしては以下の通り。

ドライブラシのポイント
・塗料は思っているよりも拭き取った方が良い

・強く擦り付け過ぎない

・少しずつ仕上がりを見ながらやること

・上手くなるには繰り返しやって、慣れるしかない!!



ガンダムフレームの詳しい作業工程は、

制作記のパート3にまとめてあります。


参考までに!!


本体ビュー

さて、いよいよ外装パーツを取り付けた

完全体のお披露目です!!


(※脳内で「フリージア / Uru」を流しながらご覧ください。)




希望のはな~♪ 繋いだ絆を~♪



f:id:jtle9110:20200415192516j:plain

f:id:jtle9110:20200415192527j:plain

f:id:jtle9110:20200415192531j:plain

f:id:jtle9110:20200415192536j:plain


いかがでしょうか?


ウォッシング のおかげで、

成型色仕上げ」にも関わらず、

経年劣化表現 が再現されています!!


ウォッシングには、

こちらの「ウェザリングカラー」を使用しています。


初めてウェザリングカラーシリーズを使用したのですが、

ひと塗りしただけで、自分の中でリピートが確定しました。


今回の制作で、「ウェザリングカラー」に出会えたことが

一番の収穫かもしれません!!



それでは、バックからも見ていただきましょう。

f:id:jtle9110:20200415192540j:plain

f:id:jtle9110:20200415192543j:plain

f:id:jtle9110:20200415192547j:plain


所々、メタリックで部分塗装した

フレーム部がチラ見えして良い感じです!!



ぶっちゃけ、メタリック塗料を筆塗りするのは、

綺麗に塗れない上に、かなり面倒なので、

最終的に上手く行って、報われました。。。


f:id:jtle9110:20200408170153j:plain

特に、ゴールドの1層目なんか、

塗りムラし放題でしたから。(笑)



それでは、最後に テイルブレード を動かしてみました。

f:id:jtle9110:20200415192612j:plain

f:id:jtle9110:20200415192618j:plain


テイルブレードめっちゃカッコ良くないですか!?


他のガンダムにはない特徴なので、

余計魅力的に見えます。


まとめ

最後は、辛い終わり方をしてしまう主人公機ですが、

個人的に大好きな機体だったので、

今回、1/100で制作できて楽しかったです!!



あれあれ、巨大なメイスはどうした?

という声が聞えてきそうですが、

今回、メイスは作ってません。


仮組みまではしたのですが、

重すぎて保持しきれないのと、

僕が「武器類は無理して作らない派」なので。。。(笑)



今回、成型色にも関わらず、

こんな劇中に登場しそうな味のある作品が作れたのは、

月刊ホビージャパン2月号」の 林哲平さん の記事に出会ったからです。



是非、皆さんも、

kindle unlimited」で無料で読めちゃう

月刊ホビージャパン」を参考にして、

模型ライフを楽しんでみてください!!