器用裕福

理系大学生によるガンプラ制作記中心の雑記ブログ

器用裕福

【予算1000円以下】すべて100均のもので撮影ブースを自作してみた!!

f:id:jtle9110:20190129112012p:plain


こんにちは、 ジェートル です!!


今回は、前々から制作したガンプラの写真を撮るために欲しいと思っていた 撮影ブース を自作していきたいと思います!

調べたところ、100均で購入できる物で作れるという情報を仕入れたので、今回は 予算1000円以下 で良さげな撮影ブースを自作していきます!

もちろん、 ガンプラだけでなく、他のハンドメイド商品の撮影 なども綺麗にできる撮影ブースを作ったので、ぜひ参考にしてみてください!

今回100均で購入したもの

今回、 某100均ダ○ソー で撮影ブースを自作するために必要なものを8点購入してきたので、紹介していきます。

f:id:jtle9110:20181109092825j:plain


この 8点のみ で、僕が理想としていた撮影ブースが作れちゃいました。

864円払えばできるので、コスパ完璧ではないでしょうか。

これと自宅にあるような、蛍光灯1つで立派な写真が撮れます。


詳しく見ていきましょう!

組み立てラックシリーズ フリーマルチパネル 5枚

f:id:jtle9110:20181109093033j:plain

今回は箱型の撮影ブースを作るので、 5枚分購入する必要 があります。

このパネルが優秀なところは、スモークっぽく曇っているところ。

なぜ曇っているところが良いかというと、箱の外側から蛍光灯の光を当てた時に、光が柔らかくなって、撮影するものに直射されないからです。

組み立てラックシリーズ 連結ジョイント4個入り 2袋

f:id:jtle9110:20181109093110j:plain

こちらは先ほどのパネルを連結させるためのジョイントです。

箱型にするためには、8個分ジョイントが必要なので、 4個入りの袋を2袋 買います。

最厚 模造紙10枚入り

f:id:jtle9110:20181109093207j:plain

そして、最後に 模造紙 ですが、今回購入した模造紙のサイズは、 A本判四つ切サイズ(440mm×312mm) です。

これは 背景紙 として使用するためなので、他の 色付き画用紙 とかでもいいと思います。

少し値は張りますが、 グラデーション用紙 とかが用意できるなら、そっちの方が綺麗に撮れると思いますよ!



ちなみに、これらの商品はすべて ダ○ソーの赤羽店 で揃えてきました。

赤羽店地下1階から5階まであるので、めちゃめちゃ品揃え良いですよ!

そのかわり、レジは1階にしかないので、結構並びましたが笑


撮影ブースの作り方

それでは、これら8個の商品を使って、撮影ブースを作っていきますね。


まず、すべてのパネルを開封していきましょう。

f:id:jtle9110:20181109093334j:plain


ほら、こんな感じで、全体が曇っているので、このパネルは撮影ブースを作るのに最適と言えます。



パネルが5枚あることを確認したら、さっそくジョイントを使って、箱型にしてしまいましょう。

f:id:jtle9110:20181109093649j:plain

基本的には、商品説明のところにも書いてありますが、グッグッとはめ込むだけです。


ここでポイントなのですが、この箱がきちんと平面に立つように、底の部分にあたるジョイントの向きはすべて平らになるようにはめ込みましょう。


f:id:jtle9110:20181109093657j:plain


たいへん見づらい写真ですが、こんな感じ笑

僕は見栄え的に上側も同様に、平らになるように揃えてみました。


そして、最後に、背景になる模造紙をこの隙間から垂らしていきます。

f:id:jtle9110:20181109093738j:plain


上側のパネルにマスキングテープを使って模造紙を貼り付けてあります。

f:id:jtle9110:20181109094330j:plain

f:id:jtle9110:20181109094339j:plain


こんな感じで、箱の側面に模造紙をベッタリくっつけるのではなく、 垂らす感じ にすると、綺麗に撮ることができます。


「あれあれ、模造紙の長さが足りていないんじゃないの?」 って感じですが、その通りなんです笑

まぁ、境目はできてしまいますが、もう一枚綺麗に貼り付けて延長すれば問題ありません笑


この背景紙に関しては、改善の余地ありですが、以上が撮影ブースの作り方となります。

作り方と言うほどのものではありませんでしたが笑


実際に撮影してみた

それでは、作った撮影ブースを使って、実際に写真撮影をしていきましょう。

大した写真が撮れないんじゃ、皆さんにオススメする資格はないですからね笑


撮影する前に、今作った 撮影ブース自宅にあるような蛍光灯 、そして 撮影したい物 を用意します。


今回は、ちょうど現在制作中の ガンプラ(HGUCサザビー) の仮組みが終了したところだったので、こちらを撮っていきたいと思います。

HGUC 1/144 MSN-04 サザビー (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

HGUC 1/144 MSN-04 サザビー (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)


用意できたら、下の写真のように、セッティングしていきましょう。

f:id:jtle9110:20181109094314j:plain


蛍光灯をパネルを挟んで、上から照らす感じです。


それぞれ、用意できる蛍光灯の形は違うと思いますので、各々で工夫してみてください笑


上から見るとこんな感じです。

f:id:jtle9110:20181109094836j:plain

なんだか、今までよりも良い感じの写真が撮れそうな気がします。


このまま、撮影に移りたいのですが、問題なのは カメラ


結局、高い一眼レフカメラなどで撮れば、ある程度良い写真は撮れてしまうのですが、やっぱり人それぞれカメラにお金をかけられる度合いが違いますので、 今回は誰もが持っているであろうスマホ で撮影してみようと思います。

ちなみに、今回使用するのは iPhone8 です。

最近は、スマホでも綺麗な写真は撮れるようにはなっているので、スマホでも十分だと思います!


それでは、iPhone8で撮影した写真を見ていただきましょう。

f:id:jtle9110:20181109100045p:plain


こんな感じの仕上がりになりました!!

十分綺麗なくっきりとした写真が撮れたのではないでしょうか。

100均のものと自宅の蛍光灯とスマホで撮れた写真にしては、良い感じ!!


それでは、参考までに、 ミラーレス一眼 でも同じ条件で撮影していきたいと思います。

f:id:jtle9110:20181111094134p:plain


なんだか、ミラーレスで撮った方がiPhone8に比べると暗くなってしまいましたね。好みによるとは思いますが。

カメラの勉強がまだまだ足りませんね笑


やっぱりカメラを使いこなせない人にとっては、むしろスマホのほうが綺麗な写真が撮れるかもしれませんね笑


最後に、今まで一度も当ブログでアップしたことのない、僕が初めて作った 幻のガンプラ をミラーレスで撮ってみたので、ご覧ください笑


f:id:jtle9110:20181109100352j:plain

f:id:jtle9110:20181109100347j:plain


やっぱり、iPhoneにできなくて、ミラーレスにはできる 「ぼかし」 とかを効果的に使うと、こんな感じで少しはましな写真になると思います笑

ちなみに、幻のガンプラはこちらの 「HGUCガンダム」スミ入れウェザリングマスター で仕上げたものでした。


ガンプラ HGUC 191 機動戦士ガンダム RX-78-2ガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

ガンプラ HGUC 191 機動戦士ガンダム RX-78-2ガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


合わせ目消し表面処理塗装 などは一切していません笑


お見せするのも恥ずかしい出来だったので、今まで記念として保管していましたが、今回やっと撮影環境が整ったのでお披露目してみました笑



というわけで、今回は、 「すべて100均のもので撮影ブースを作ってみたよ」 という紹介でした!!


まだ、 SNSなどにあげる写真を撮るための撮影環境が整ってないよ という方には、低予算で作れるのでかなりオススメだと思います。

さらに、この撮影ブースは解体してしまっておけるという部分も良いところだと思います。


ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか?